新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

心機一転! 神田明神”まさかど様”に新たな一歩を誓う!/石原まこちん・ムーさんぽ

都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんが散歩気分で高みを目指すルポ漫画。……コロナ禍の中、試行錯誤を続けてきた本連載だが、散歩先はやはり悩ましい。江戸総鎮守・神田明神にて、”まさかど様”にリニューアルを祈願した! われわれは、必ず帰ってくる!

漫画=石原まこちん #ムーさんぽ
取材協力=神田明神

シーズン1の締めくくりは「神田明神」!

セリフ入り神田明神1

セリフ入り神田明神2

セリフ入り神田明神3

セリフ入り神田明神4


古代からの聖地で再起を誓う

 首塚の改修工事で、改めて祟り伝説が注目されている平将門。(関連記事
 首塚に埋まっていたのは将門ではないとか、現在に恐れられる形での祟りの逸話は70年代以降に高まったものだとか……いろいろ考えるところはあるのだが、今こそ”まさかど様”にご挨拶すべく、まずは神田明神へお参りした。
 730年に創建された神田明神ももともとは首塚の近くにあり、出雲系の人々によって祀られてきた(大己貴命=大黒様を祭神とするのはその由縁)。1309年に疫病除けを祈願して平将門を祭神に向かえ、1616年に現在の場所に遷座。現在も江戸総鎮守、パワースポットとして親しまれている。このあたりはムー民なら基礎知識といったところだろう。

 平日昼の境内はコロナ禍で人気もなく……ということはまったくなく、参拝者の列ができていた。コロナ禍以前の土日ともなれば鳥居の外まで列ができていたというから、さすがの人気である。
 昭和9年に竣功された御神殿は、当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の建造物。空襲でも焼け残り、近隣住人の避難場所となったそうだ。
 漫画にもあるとおり、お土産もの売り場や飲食店も多く、参拝の際にゆったりできる空間。地形的には丘の上で、江戸時代には近かった海岸線から富士山まで見渡せる場所だった。なるほど古くから親しまれてきた聖域、パワースポットになる理由もわかる。

 今回の神田明神にて、「ムーさんぽ」は一休みとなる。
 ルポ漫画として取材を重ねてきたが、コロナ禍もあって行く先もままならず……今回も、本来なら坂東の国王神社へ足を運ぶこともしたかったのだが、緊急事態宣言下であり、そうでなくても、というご時世。
 ここはガマンのとき。疫病除けを祈願して迎えられたという”まさかど様”に、まさに現在のコロナ禍の収束、そして散歩取材の再開をお願いして、いったんのしめくくりとする。

 首塚にはおそろしい祟り話がある一方で、首が京都から帰ってきた伝説から「カエル」が多く祀られ、旅の無事や仕事の異動についてのご利益を授かれる場所として、広く崇敬を集めている。
 リニューアルのためお休みとなるムーさんぽだが、帰ってきたときには秘密結社のロッジやUFO内部への潜入を……お楽しみに。



★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
6
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。