見出し画像

封印されたフィラデルフィア計画の真相とニコラ・テスラ/並木伸一郎・フォーティアンFILE

世界に存在する謎に並木伸一郎が鋭く切り込む再検証シリーズ”フォーティアンFILE”。
今回は、多数の犠牲者を出した恐るべき実験「フィラデルフィア計画」の真相に迫る。

テスラが推進したレーダー不可視化実験

 ニコラ・テスラといえば、ムーでも幾度となく登場してきた稀代の天才科学者として知られる人物だ。1918年にクロアチアからアメリカへ移住後、交流電気方式、無線操縦、蛍光灯、そして高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラコイル」などを発明。2度にわたりノーベル物理学賞の候補にあげられるほど、電気技師、発明家として名をはせている。

画像2

自身の研究室で実験中のニコラ・テスラ。マッドサイエンティストとして名高いが、彼の発明品はアメリカの科学技術の発展に貢献した。

 そのテスラが推進したといわれ、なかば都市伝説と化しているのが、米軍と共同で行った極秘のレーダー不可視化実験、通称「フィラデルフィア計画」だ。本稿では、謎に満ちたこの実験について、今回、新たに得た情報を骨子にその内実を検証し、真の姿を探っていくことにする。

 フィラデルフィア計画は、テスラが発明した共振変圧器「テスラコイル」がその中核をなしている。テスラコイルは、ふたつのコイルが共振することで高周波と高電圧を発生させるものである。
 第2次世界大戦下にあった当時、敵影を感知するレーダーは船体が発する磁気に反応するシステムと考えられており、テスラは自身の発明であるテスラコイルによって船体がまとう磁気を消滅させればレーダーを回避できるようになると考えていた。
 この仮説に米海軍が目をつけた。すでに終戦後のビジョンを見据えていた政府および軍部では、世界の覇権を握るため、新たな技術の獲得を求めていたのだ。

画像1

実験が行われた駆逐艦エルドリッジ。

 はたして、テスラの研究と実験のために無制限の資金援助を約束し、1931年、米海軍の主導のもと「フィラデルフィア計画」(正式名称「レインボー・プロジェクト」)がスタートしたのである。
 テスラを中心に科学者が結集し、対レーダー不可視技術の研究は進められた。そしてスタートから10年、特殊なテスラコイルを搭載する小型船を使った実験がブルックリン海軍工廠で行われ、全面的な成功をおさめる。だが、駆逐艦エルドリッジで行われた運用実験では深刻な人的被害が発生し、両者の関係に決定的な溝が生じることになる。

瞬間移動したエルドリッジ

 1941年、テスラ指揮の下、エルドリッジに何千フィートものケーブルが巻かれた。ケーブルは銅製の1セント硬貨をつなげて作られたもので、これがテスラの回転増幅器と高周波発生器=テスラコイルにつながれていた。

画像3

実験の際に積まれた銅貨。

 エルドリッジがデラウェア川へ進水すると同時に実験開始。ほどなくして緑色の明光が放たれ、その後に黄色に変化。最終的には船影全体が蜃気楼のように歪み、約60秒後に無線が途絶え、レーダーから船影が消失した。
 消失からおよそ6時間後、エルドリッジが帰還。2500キロ以上も離れたノーフォークのバージニア海軍基地に瞬間移動したといい、それを裏づけるように艦体は激しく損傷していた。

 だが、艦内はもっと凄惨な状況だった。高電圧の影響で体が船と一体化した者、体が燃えている者、凍結した者、さらには消失した者もいた。下層にある機械室は鉄の隔壁に遮られていたため、そこにいた乗員は身体的には無傷ですんだものの、精神を病み、機密保持のために軍の病院で長期療養という名の軟禁生活を余儀なくされた
 不可視化だけでなく瞬間移動という副産物をもたらしたという点では、実験は成功といえるかもしれない。だが、死者・行方不明者が16名、精神的ダメージを受けた者が6名という犠牲は看過できるものではない。
 これを懸念したテスラは計画が未成熟であり、時間的猶予が必要だと主張したが、軍上層部の理解は得られなかった。

 かくしてテスラは計画から離脱。その後、原子力爆弾開発で知られるジョン・フォン・ノイマンが後任となるが、彼のもとで行われた実験も悲劇を繰り返すだけだった。

画像4

駆逐艦エルドリッジが保管されていたフィラデルフィア海軍工廠。

封印されたエルドリッジの惨劇

この続きをみるには

この続き: 1,802文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。