退廃の町ソドムは隕石の空中爆発によって滅亡した!「旧約聖書」の史実カタストロフィー/宇佐和通
見出し画像

退廃の町ソドムは隕石の空中爆発によって滅亡した!「旧約聖書」の史実カタストロフィー/宇佐和通

ムーPLUS

これまでフィクションとされてきた『聖書』に登場する背徳の都市、
ソドム。だが、神から下された怒りの鉄槌は、まぎれもない歴史的事実だった! 最新の考古学によって明らかとなった、古代の要塞都市消滅の実態とは──?

◉神々の遺産◉ 文=宇佐和通

(上)中東におけるトール・エル・ハマムの地理的位置。ちょうど死海の北東、ヨルダン渓谷南部の高台にある。(下)トー ル・エル・ハマムにあった宮殿と寺院の位置を示したもの。左上には死海も見える。

隕石の空中爆発で破壊された古代都市

 『聖書』は、年代順に史実を記した歴史書であるという意見がある。確かに、神の存在について語られる逸話のなかには、現代科学の枠組みのなかで説明をつけられるものも含まれている。そして最近、こうした議論をさらに深めるような論文が発表され、注目を集めている。
 2021年9 月、「ネイチャー・サイエンティフィック・レポート」誌に、「ツングースカ級の空中爆発が死海近郊ヨルダン峡谷の中期青銅器時代の都市を破壊」というタイトルの論文が掲載された。現地調査と執筆を主導したのは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の名誉教授ジェームス・P・ケネット氏と、トリニティ・サウスウエスト大学考古学部教授フィリップ・J・シルビア氏だ。まず、論文の概要部分を読んでみよう。

「われわれはこの論文で、紀元前1650年(約3600年前)、死海の北東、ヨルダン峡谷南部に位置していた青銅器時代の都市トール・エル・ハマムが隕石の空中爆発によって破壊されたことを示唆する物証を提示していく。
 問題の空中爆発は、1908年にロシアのツングースカで起きたものよりも規模が大きかったと思われる(ツングースカでは直径最大50メートルの火球が、ヒロシマ型原爆の1000倍のエネルギーを放出したとされている)。
 空中爆発によって4〜5階分に相当する高さ12メートル以上の宮殿と幅4メートル以上の日乾しレンガ製の城壁が崩壊し、近くにいた人々の体はばらばらになり、骨片となって地層に残っている。空中爆発が原因で周囲の土壌に起きた高濃度塩分化が農業に大きな悪影響を与え、25キロ半径に位置する最大120の集落に対し、300〜600年にわたる人口減少期間を招いた。
 トール・エル・ハマムは、問題の空中爆発によって破壊されたシリアのアブ・フエイラに次ぐ2番目に古い都市であった可能性がある。そしておそらく、文字化された口承伝統(「創世記」)においては、最古の都市だったと考えられる」

この続きをみるには

この続き: 4,481文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。