気象庁も驚いた空振現象とは?トンガ海底火山噴火による津波の謎/有賀訓
見出し画像

気象庁も驚いた空振現象とは?トンガ海底火山噴火による津波の謎/有賀訓

ムーPLUS

南太平洋の「トンガ王国」で海底火山が大爆発した。赤道の彼方で起きた天変地異だけに、日本国民の関心はさほどでもないように思える。だが、今回の海底火山噴火には、科学常識では理解しがたい奇妙な点があり、地球規模の巨大災害の可能性さえ見えてくるのだ!

◉緊急警告レポート◉
文=有賀 訓

南太平洋ポリネシアで海底火山大噴火が発生

 ニュージーランドから北へ約2000キロ離れたポリネシア海域に、東西約200キロ、南北約600キロの領海をもつトンガ王国は、大小172の島々で成り立っている。その首都ヌクアロファが置かれたトンガタブ島から、さらに65キロ北上した海域に浮かぶ火山島、フンガトンガ・フンガハアパイで、今回の大噴火は発生した。

この続きをみるには

この続き: 6,225文字 / 画像5枚
記事を購入する

気象庁も驚いた空振現象とは?トンガ海底火山噴火による津波の謎/有賀訓

ムーPLUS

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。