カップヌードルに潜んだ異星人U.T.の謎/山下メロ・平成UMAみやげ
見出し画像

カップヌードルに潜んだ異星人U.T.の謎/山下メロ・平成UMAみやげ

UFOといえばアダムスキー、でもU.F.O.といえば日清。日清といえばカップヌードル! 発売50周年の今年、懐かしの「U.T」を「平成レトロ」の視点で振り返ります。

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

スケルトンの平成

 今年はカップヌードル発売50周年!
 先日TBS系列「サタプラ」に山下メロが出演した際も、いつもこの連載で紹介している「ファンシー絵みやげ」とともに「平成レトロ遺産」として1999年に発売された日清食品のカップヌードルスケルトンを紹介しました。

 偶然にも放送日が、ちょうどカップヌードルの50周年記念となる9月18日だったという奇跡もありました。このカップヌードルスケルトンも、この日に合わせての出荷となったそうです。

 そんなカップヌードルスケルトン発売の少し後、2002年カップヌードルのキャラクターにU.T.という謎のエイリアンが登場したことをおぼえていますでしょうか。

 まずは観光地みやげを含めて平成時代のエイリアンについて振り返ってみましょう。

グレイとビシュワ

 地球外生命体として一番メジャーなのがグレイです。
 カップヌードルのキャラクターも、観光地で売られていたのもグレイタイプのエイリアンです。

画像1

 大きな頭に、黒くて大きな目、小さな鼻と口。体が灰色であるためにグレイと呼ばれました。
 いくつかの目撃証言や事件によって宇宙人のイメージを決定づけたグレイが、長い時を経た平成時代に、なぜか観光地をにぎわせました。

 特に思い出されるのは、90年代に流行したアメリカのストリートブランドBESCHWA(ビシュワ)の存在です。

01 ビシュワ

「NEVADA U.S.A.」とグレイの顔、そして「ALIEN IS BEAUTIFUL」。
 こちらはキーホルダーですが、グレイタイプのエイリアンをあしらったアパレルを多数販売していました。

観光地のエイリアン

 1980年代から1990年代にかけて、日本中の観光地や温泉、スキー場などの土産店や観光施設の売店などで売られていたファンシー絵みやげの異星人は、こんな感じです。

10 ファみやげエイリアン

 こちらはTuiTui SPACE MONSTERという新潟県妙高高原のファンシー絵みやげ。
三日月に乗っていて、頭にチョウチンアンコウのようなアンテナがあります。黒目勝ちなグレイとは違って、親しみを持てる顔になっています。

 子ども向けに簡略化された宇宙人はこんな調子で、グレイタイプのキャラクター商品はそのまま立体化したものが多く売られていました。

 さまざまなグレイの商品たちについては、こちらの記事をご覧ください。

カップヌードルのエイリアン

 ではカップヌードルにおけるエイリアンはどんなものだったのでしょうか。

11 UT裏書き

この続きをみるには

この続き: 766文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。