未知の超文明遺跡!? メキシコ湾北部のピラミッド型構造物を発見!/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

未知の超文明遺跡!? メキシコ湾北部のピラミッド型構造物を発見!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

メキシコ湾には知られざる超文明の遺跡が眠っている……? 考古学者が主張する「構造物」は、中南米文明のルーツなのか?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

中南米文明のルーツ!? 超文明クレセンティス

 中米のマヤ、アステカ、そして南米のインカ。謎多き中南米のルーツともなる得る超古代文明「クレセンティス」が、アメリカ・ニューオーリンズ沖に眠っているという。

 超古代都市「クレセンティス」は間違いなく存在する!
 そう主張するのは、50年以上にも渡りメキシコ湾北部を調査しているアマチュア考古学者のジョージ・ゲレだ。ゲレは、ルイジアナ州沖合15キロに位置するシャンドルール諸島周辺の水中ソナー調査を実施。すると推定約85mの巨大なピラミッド型構造物を発見したのだ。また驚くことに、先端部からは信じられないほど大きな電磁エネルギーが放射されており、海上ではコンパスなどの計器類が停止したという。

「4回、ゲレの現地調査に同行しましたが、船や電子機器も全部きかなくなるなるんです。まるでバミューダトライアングルにいる時のようでした」と、ゲレの調査に同行した船頭員も、明らかな異常を感じたと証言している。

 さらにゲレは、シャンドルール諸島近海で古くから漁師網にかかる奇妙な四角い石を調査したところ、それらは花崗岩(かこうがん)であることが判明したそうだ。だが、ミシシッピ川周辺地域には天然の花崗岩は存在しないという。説明がつかないこの事実は、いったい何を意味するのだろうか。

  ゲレは、太古のシャンドルール諸島近海は陸地であったことに注目し、花崗岩は当時に造られた遺跡の一部ではないか、と推測しているのだ。恐らくそこには超高度な文明が栄え、ピラミッドなどの建造物がある古代都市が築かれていたという。
 しかし、シャンドルール諸島が陸地であったとされるのは、はるか昔、氷河期時代である。これについてゲレは「この氷河期に文明の滅亡が隠されている」と説明している。氷河期が終わりを迎えた1万2千年前、古代都市は海面の上昇とともに海の底へと沈んでしまったのではないか、というのだ。
 ゲレはこの海に沈んだ都市を「クレセンティス」と命名し、かつてメキシコや中南米で栄えたマヤ、インカ、アステカ文明の先駆けとなる主張都市であった可能性が非常に高いと主張している。

花崗岩だけでは根拠が弱い!?

 これが事実であれば人類史をも変える発見であるが、もちろん懐疑的な意見もあるようだ。

 テキサスA&M大学は、シャンドルール諸島周辺で発見された花崗岩は、その昔スペインやフランスの船のバラストではないか、との見解を示している。船が浅瀬に入る際、機体を軽くするため捨てた石ではないか、というのだ。その他にも難破船の積み荷など様々な意見があるようだが、ゲレはこれらの見解に真っ向から反論。ゲレ自身、バラストなど様々な側面から考察したそうだが、なかには加工したような形跡があることから、「人工物で間違いない」と断言している。

 約1万2千年前といえば、日本は縄文時代。さらにいえば、かの有名なアトランティス大陸が海の底へ沈んだとされる年代である。ゲレは今後も調査を進めると力強く語っているが、ぜひその続報に期待したいと思う。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。