見出し画像

奇書「契丹古伝」が語る日本人のルーツ「辰国」の謎/古銀剛

ムーPLUS

「日本語の起源は中国東北部にあった!」
昨秋、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に日本語のルーツに関する新説が発表された。ところが、今から100年近く前にこれと同じ説が、日本のある研究者によってすでに唱えられていた。
彼がその説の根拠としたのは、謎の古史古伝『契丹古伝きったんこでん』。そこにはいったいどんなことが書かれていたのか──。

◉異端の日本超古代史◉ 文=古銀 剛

大正15年(1926)に出版された奇書『日韓正宗溯源《にっかんしょうしゅうそげん》』。謎の古史古伝 『契丹古伝きったんこでん』が収録されている。著書は元陸軍将校の浜名寛祐はまなひろすけ
イギリスの科学誌「ネイチャー」のサイト。 昨年11月に「トランスユーラシア語族の諸言 語は中国東北部にルーツをもつ」と結論づけ る論文が発表され、注目を集めた。

「ネイチャー」に発表された日本語のルーツ

 昨年の11月10日、イギリスの名門科学誌「ネイチャー」に「トランスユーラシア語族の諸言語は中国東北部にルーツをもつ」と結論づける新説が発表されて、ひとしきり話題を呼んだ(論文の原題はTriangulation supports agricultural spread of the Transeurasian languages)。
 発表者はドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心とした研究チーム。このチームには、ドイツの他に日本・中国・韓国・ロシア・アメリカなどの言語学者・考古学者・人類学者ら、総勢30人以上が名を連ねている。
 この論文には、じつは日本人には聞き捨てならないことが書かれている。
「日本語のオリジンは中国の東北地方、いわゆる満州まんしゅうで発生した」と指摘されているからだ。

 論文の要旨を説明してみよう。
 トランスユーラシア語族(アルタイ諸語)は日本語・韓国語・ツングース語・モンゴル語・チュルク語など98言語から構成され、東は日本、韓国、シベリアから、西はトルコにいたるまで、ユーラシア大陸全域に分布している。

新説を記した「ネイチャー」論文に掲載された図。3のエリアがトランスユーラシア語族の起源とされる中国の遼河流域で、ここから民族の移動とともに東西に言語が拡散されていったのだという。

 その最大の特徴は、英語や漢語などとは違って、「目的語の次に述語がくる」という点だが、従来、この語族については、中央アジア大草原の遊牧民が起源であり、彼らが東へ西へと移動したことで各地に広まったとするのが、通説であった。

この続きをみるには

この続き: 5,700文字 / 画像8枚
記事を購入する

奇書「契丹古伝」が語る日本人のルーツ「辰国」の謎/古銀剛

ムーPLUS

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。