古史古伝「上記」を裏付ける遺物か!? 国東半島の神代文字岩/猿田彦TV
見出し画像

古史古伝「上記」を裏付ける遺物か!? 国東半島の神代文字岩/猿田彦TV

大分県のとある山中に眠る巨石。そこに刻された謎の神代文字じんだいもじは、神武天皇以前に存在したウガヤフキアエズ王朝の秘史を伝え、超古代文献ともリンクしていた!

文・写真=猿田彦TV

巨石に刻まれた神代文字

画像1

国東(くにさき)半島の某里山の山中にある神代文字岩(南面)。高さ1.5メートほどの巨石の表面に神代文字とおぼしきものが刻まれている。岩全体は鳥の頭のような形状をしており、これも何か意味があるのかもしれない。

 大分県国東(くにさき)半島の某里山の山中に、神代文字(じんだいもじ)が刻まれた巨石がある。周囲約3.5メートル、高さ約1.5メートルの巨石で、その全体は鳥の頭のような形にも見える。巨石の北面には、神代文字のひとつである豊国(とよくに)文字によって、「トミアキタラシナカオキテンノウ」と刻まれている。
 神代文字とは漢字が渡来する以前、もちろん仮名文字も存在しない、上古の昔の日本で使われたといわれている文字のことである。漢字渡来以前には日本には固有の文字はなかったとする説が一般的だが、その一方で、神代文字存在説は、古史古伝(こしこでん)や古神道(こしんとう)の関係者を中心に現在も支持されている。

「トミアキタラシナカオキテンノウ」とは、いわゆる古史古伝のひとつである『上記(うえつふみ)』に記載されているウガヤフキアエズ王朝第25代富秋足中置天皇のことである。
 南面には35文字が彫られていて、「アヒル草文字」「豊国文字」「出雲(いずも)文字」という3種の神代文字が組み合わされている。

この続きをみるには

この続き: 1,429文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。