心ざわめく期間は気疲れに注意を/エミール・シェラザードの西洋占星術2021年6月9日~7月8日
見出し画像

心ざわめく期間は気疲れに注意を/エミール・シェラザードの西洋占星術2021年6月9日~7月8日

画像1

エミール・シェラザード
ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、1970年代より西洋占星術の研究をはじめる。のちに台湾の黄啓霖にも師事し、奇門遁甲術などを習得。50年にわたるキャリアを持ち、執筆、講演、教育、カウンセリングなど幅広い分野で活躍。中華民国星相学会「永久名誉会員」でもある。
2018年、一般社団法人日本占術協会副会長に就任。HP:kaminosachi.com

◆ 6月の社会情勢 ◆

 6月下旬は星の動きがとてもにぎやか。21日には夏至を迎え、魚座を進行中の木星が踵を返して水瓶座を目指します。水星と海王星は逆行し、金星は獅子座へ。そして25日は山羊座で満月と、まるで回り舞台のよう。
 そんな天空に呼応して、私たちの心がざわめくのも無理はありません。
外食やレジャー産業を司る金星は、冥界の王ハデスの圧力から逃れられません。なじみのリアル店舗が街から姿を消す一方で、ネット上のバーチャル店舗や商店街へのアクセス数が増えていくでしょう。また、大手企業や金融システムに激震が走り、メディアにスクープされる暗示も。
 個人レベルでは、愛着のあるものが目に見えない何ものかに略奪されるといった不安を覚えるかも。警戒と緊張が長引き、心が疲弊していくことが気がかりです。
 また、軍神マルスたる火星は獅子座にあり、厳しい座相を形成中の土星と天王星を激しく煽ります。この配置は、弾圧や制圧を示唆。国や集団による武力がエスカレートする危険性も否めません。一日も早い方向転換と、平和的な解決への道が開かれることを祈るばかりです。

この続きをみるには

この続き: 5,742文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。