「369弥勒」と「567コロナ」の暗合で読む世界の新生/大塚寅彦
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「369弥勒」と「567コロナ」の暗合で読む世界の新生/大塚寅彦

2020年の新型コロナ・ウイルス禍に瀕する世界に、「369」と「567」という、みろく・ころなの暗合を読む。迎える大難を小難に収める立て替えやいかに!?

関連記事:シャロン・テート殺人事件と「9」の暗合

文=大塚寅彦

秘教ナンバー「3」

 0から9の10個の数字のうち、不思議なつながりを持っているのが3・6・9の3つの数字である。

 それぞれを加算してみよう。

 3+6=9。3+9=12。12の1と2を足すと3。
 6+9=15。15の1と5を足すと6。

 このように、加算結果を一桁にするとすべて3・6・9の中に収まる。
 そして、乗算では以下のようにすべて「9」になる。

 3×6=18。1+8=9。
 3×9=27。2+7=9。
 6×9=54。5+4=9。

 また3の倍数を同様に分解して加算し、一桁にすると369のいずれかとなる。

 3は宇宙の起源的な話、根源的原理においても出て来る数である。

 古事記の天地開闢では「造化の三神」として天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、神産巣日神(かみむすひのかみ)が高天原に現れており、皇室に伝わる皇位の象徴は三種の神器である。西欧においてはキリスト教に三位一体(父と子と聖霊)の概念があり、仏教においても三宝(仏・法・僧)があり、阿弥陀三尊や釈迦三尊という三尊仏の概念もある。

この続きをみるには

この続き: 2,922文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。