米オハイオ州でビッグフットがキャンピングカーを襲撃!?/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

米オハイオ州でビッグフットがキャンピングカーを襲撃!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

北米に生息する獣人UMAビッグフットが、キャンプ中のファミリーを襲撃した!? 姿こそ捉えられなかったものの、キャンピングカーを揺さぶった衝撃や独特の悪臭、UFO遭遇などの状況が”それ”の存在を示している。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

キャンプ地でトレーラーを襲う獣人!

 アメリカ・オハイオ州でキャンプを楽しんでいた夫婦がビッグフットに襲われそうになったという衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 獣人UMA研究家であり、米オハイオ州マリエッタ大学の教授でもあるセオドア・ベネフィット氏によると、被害に遭ったのは同じオハイオ州に住むジョンとエディス夫婦である。
 夫婦は、ホワイトホールという町の湖畔でキャンピングトレーラーでのキャンプを楽しんでいたところ、夜中に突然、何者かにトレーラーを持ち上げられ、激しく揺すられたというのだ。その力はとてつもなく、数トンはあるトレーラーのドアノブがガチャガチャと音を立てるほど激しかったという。妻のエディスは窓の外からトレーラーの中を覗く真っ赤な目をした生物を目撃しており、完全に目が合ったそうだ。
 しばらくすると揺れは収まり、その生物はどこかへ消えていったそうだが、人気のない森の中で真夜中に襲われた夫婦の恐怖は察するにあまりあるだろう。
 夫婦はショットガンを抱えたまま夜を明かし、翌朝トレーラーの周囲を確認したところ、そこには人間のものとは思えないほど大きな足跡が残されていたそうだ。

ビッグフットの襲撃だったのか?

 彼らを襲ったのはやはり伝説の獣人UMAビッグフットだったのだろうか。妻の証言通り窓の外から中を覗いていたとすれば、やはり大型の生物であることは間違いないだろう。キャンピングトレーラーが小型なものだとしてもその高さは2mを優に超えるであろうし、その上、彼らはトレーラーの土台にコンクリートブロックを敷いていたということから、窓までかなりの高さがあったと考えられる。

 さらに事件が起きる少し前にもおかしな兆候はあったようだ。
 事件があった日の夕方、夫婦で夕食を作っていたところトレーラーの電力が突然落ちてしまった。そこで外に出て電源を確認したところ、なぜか電気が遮断されており、周囲には肉が腐ったような得も言われぬ悪臭が漂っていたということだ。
 他にも夫婦はUFOのような謎の明るい光を目撃したとも証言しており、ベネフィット教授は「UFOと真っ赤な目をしたビッグフットには何らかの関連性があるのではないか」として今後詳しく調査を進めていくという。

 世界各地で目撃されているビッグフットなどの獣人UMAだが、ここ最近の目撃報告はあまりにも頻々としている気がしてならない。これまで深い森の奥に棲息していると言われている彼らだが、生息圏から出ざるを得ない理由が何かあるのだろうか。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。