アマチュア無線で異星人と交信!UFOコンタクティ=ジミー・ブランシェット/エリコ・ロウ
見出し画像

アマチュア無線で異星人と交信!UFOコンタクティ=ジミー・ブランシェット/エリコ・ロウ

アメリカのUFOファンの間で、目撃するチャンスを待つよりは、積極的に呼び寄せようとする人が増えている。
とくに注目を集めているのがアマチュア無線を用いた方法だ。市販のトランシーバー(双方向無線機)を使って 数千回の交信に成功したとするジミー・ブランシェット氏に話を聞いた。

文=エリコ・ロウ

画像1

自作の巨大アンテナで異星人と交信するジミー・ブランシェット氏(左)とマーク・シムズ氏。

自宅を無線局にして第5種接近遭遇を推進

 カリフォルニア在住のカナダ人で、IT技術者として働くジミー・ブランシェット氏は、12歳で無線技師の国家資格を取得し、40年以上の経験を積んだアマチュア無線のベテランだ。
「私が生まれ育ったケベック州北部では、身近なところにテクノロジーが皆無だったので、都市の文明に憧れた。インターネットもない時代だったから、アマチュア無線は、小さな町から広い世界へと自分を解放してくれる唯一の手段だった」
 やがてアンテナづくりに熱中しだしたブランシェット氏は、2013年に、ある情報をネット上で得る。月にアンテナを向けて電波を発射し、その反射を利用すれば、普通なら無線が届かない地域の人とも交信できるという情報
だ。
 ブランシェット氏が試してみたくなったのは、いうまでもない。
「これは月面反射通信と呼ばれる通信法だが、調べてみると、大きな技術的課題があった。月面から跳ね返ってくる電波は非常に弱いため、人間の耳で聞こえるようにするには、特別な機器が必要なのだ。そこで私は数千ドルを費やして巨大なアンテナを庭に立て、自宅の一郭を本格的なアマチュア無線局にした。その結果、月面反射通信を680回成功させた。私の論文は技術専門誌にも掲載され、私のアンテナがその表紙を飾った」
 2年後の2015年、ブランシェット氏は、ミシガン州の「CE5」というグループが撮影したUFOのビデオを見て感動し、アマチュア無線で異星人に呼びかけてみることを思いついた。
「無線通信なら0.1ワットの電力で月まで届くから、市販のトランシーバーでも十分だ。火星や金星までも数分しかかからない。私の無線局からなら太陽系の外まで電波は届く。異星人が本当に存在するなら、太陽系近辺に衛星か通信基地を置いて地球を監視しているかもしれない。また、異星人は地球人より進んだテクノロジーを持っているだろうから、私が無線機から送るメッセージを受信して理解することは可能だろうと想像した」

この続きをみるには

この続き: 5,957文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。