見出し画像

「手水舎のジンクス」ほか4話/読者のミステリー体験

ムーPLUS

ドライバーにとって、頼もしい存在であるカーナビ。ところが、ある夜のこと、発せられるはずのない奇妙な音声がそこから!!
はたしてその意図とは!?また、その声の主の正体とは?

読者投稿ページ イラストレーション=不二本蒼生

「前方に人がいます」

◆日野未麻/大分県中津市

 これは、私の友人であるAさんの弟のK君の体験です。

 それは2か月ほど前のことだったそうです。
 K君は以前からアメ車を愛好していて、数人で集まって走行を楽しむグループに入っていました。
 その日、彼は高速道路のYサービスエリアでのアメ車愛好グループの会合に出席するために、自分の愛車の助手席に友人を乗せて高速道路を走っていました。
 土曜日のことで、あいにくの小雨。そのため、時速80キロくらいにスピードを落としたままゆっくりと走っていたそうです。
 時刻は夜の10時半。両側を切りどおしに挟まれた、急なカーブに差しかかりました。

 すると、そのときでした。いきなりカーナビから警告の音声が発せられたのです。
「前方に人がいます。注意してください」
 助手席の友人が、「えっ!?こんな雨の夜に、人が高速道路を歩いてるだと!?何かおかしいじゃんか! !」と、声を上げました。

 K君は注意深く前方に目を凝らしました。しかし、人の姿などどこにも見えません。
「こんなところに人なんかいるはずないよなあ」
 K君はハンドルを握りしめ、前方を注視しながら、だれにともなくつぶやきました。
 やがて車は何事もなく切りどおしの急カーブを通過。その後も何も変わったことがないまま無事に集合場所であるYサービスエリアに到着しました。

この続きをみるには

この続き: 5,063文字 / 画像4枚

「手水舎のジンクス」ほか4話/読者のミステリー体験

ムーPLUS

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!