ありがたくない! 南国の悪神に出会ったときの対策とは?/黒史郎・妖怪補遺々々
見出し画像

ありがたくない! 南国の悪神に出会ったときの対策とは?/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

徳之島をはじめ、奄美地方に伝えられる神様のなかには、じつにありがたくない…嫌〜な神様がいらっしゃる。そんな神々を、今回は掘り起こしました!
ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

ありがたくない神様

「苦しいときの神頼み」とはいいますが、頼んでも祈っても、なにも叶えてくれない、助けてもくれない、場合によっては殺されてしまう――そんな、出会いたくない神もあります。
 奄美群島のひとつ、徳之島に伝わる「悪神」をご紹介いたします。

 夜間に海辺をさまよい、出会った人の命を奪うとして恐れられていた「悪神」があります。
「ユワタシガミ」「ユワトシガミ」「イワトシガミ」「キリキンガミ」と呼ばれるもので、尾母では「カミヌドイ(神ヌ鳥)」とも呼ばれていました。
 丙(ひのえ)の日、丁(ひのと)の日によく見られるもので、2月、3月の大雨のときに出歩くといいます。これは上次当山から大谷山に降り、嶺伝いに本川(伊仙町と徳之島町の境を流れる川)の川下の海辺に集まってくるそうで、ガヤガヤと騒いで奇妙な音(網音)をたてながら潮時を待って、瀬に出て漁をしたといいます。
 この神が通るときには前兆があり、千鳥が鳴きながら露払いのように飛んできた後、木の葉や枝がざわつき、それから神様が通るといいます。
 これと遭えば病気になり、運が悪ければ死にます。そういう病人を易者が見ると、「どこどこでイワトシガミと会っているな。当たり所がよかったから命が助かったが、悪ければ死ぬところだったぞ」といわれたのだそうです。

 本川の南のムディナやタンコゥといった小高い丘では、11月、12月の夜になると、山の神様が降りてきて、これと遭うと命は数時間しかもたないといわれています。
 こんな恐ろしい悪神と、もし自分が遭遇してしまいそうなときは、どう対処すればいいのでしょうか。
 そんなときはすぐに道端の溝などに入って、自分の腰から褌(ふんどし)を引き抜き、それを頭からかぶって、神が通り過ぎるまでジッと待てばいいのです。女性は腰巻をかぶるとよいそうです。いくら自分の褌でもかぶりたくないという人は、指を地面の中につけておくとよいといわれています。

会ってはいけない神の正体

 この山から来るこわい神は、いったいなんなのでしょうか。
 一説では、陥れられて、役人に斬首された人の怨霊であるといわれています。自分を不当に訴えた者たちをとり殺そうと歩き回っていたものが、しだいに関係のない島の人たちまで殺すようになってしまったそうです。
 徳之島町花徳でも、これは人の霊魂(マブイ)だと考えられています。ピイピイと笛を鳴らしながら山から海に降りてくるもので、これと出遭ってしまったらすぐに爪を隠して道端にしゃがんで通過を待ったそうです。先に記述した指を地中につけるというのも、爪を隠す行為なのでしょう。また、「お前はだれだ」と問いかけられたら、「古い木株だ」と答えれば助かったそうです。

この続きをみるには

この続き: 2,003文字 / 画像1枚
記事を購入する

ありがたくない! 南国の悪神に出会ったときの対策とは?/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。