プーチンが極秘に南極へ移送!? 禁断の聖遺物「ガブリエル・アーク」の謎/遠野そら
見出し画像

プーチンが極秘に南極へ移送!? 禁断の聖遺物「ガブリエル・アーク」の謎/遠野そら

崩壊した聖なるマスジド・ハラームから〝発見〟された「ガブリエル・アーク」。モーセのアークにも匹敵する力を秘めたこの聖遺物は、はたして何を目的に創られたのか? そしてふたつのアークがもたらす世界の終末とは?

文=遠野そら イラストレーション=坂之王道

三上編集長による解説動画はこちら

パート1 聖なる神殿から現れたガブリエル・アーク

 2015年12月、ロシア国防省(MOD)によって作成されたと思われる報告書の内容が流出した。
 コードネーム「緊要宗教軍(criticalmilitary-religious)」と呼ばれるこの文書には、イスラム教徒に古くから伝わる「ガブリエル・アーク(ジブリール・アーク)」を南極へ輸送する超極秘プロジェクトが記されていたのだ。
 ロシア政府が国の威信をかけて輸送したガブリエル・アークとは、いったいどのようなものなのだろうか。
「それは、偉大なる神の力が備わっているもの。人の手に落ちてはならない。最後の審判/復活の日(ヤム・アル・キヤマ=Yawm al-Qiyamah)まで決して開けてはいけない。またその力を試すようなことをしてはならない。人間が神に創造される前に、天使が神を礼拝していた場所の近くに埋葬するように」
 これは『古代コーランの写本』に記されているといわれる一節である。大天使ガブリエル(ジブリール)の名から「ガブリエル・アーク」と呼ばれるこの箱は、イスラム教の創始者である預言者ムハンマドによって、聖なる場所の地中深くに埋められたといい伝えられている。
 2015年9月11日。サウジアラビア・メッカで、聖モスク「マスジド・ハラーム」に巨大クレーンが激突。少なくとも108人が死亡、230人以上が負傷するという大事故が起きた。2週間後にイスラム教の大巡礼(ハッジ)を控え、大がかりな拡張工事中のことだった。

画像1

聖地メッカのマスジド・ハラームで、倒壊した巨大クレーン。それが「ガブリエル・アーク」発見のきっかけとなった(写真=ロイター/アフロ)。

 マスジド・ハラームは、イスラム教徒にとってもっとも神聖なカアバ神殿がある世界一の大モスク(礼拝堂)である。健康で経済的に余裕のあるイスラム教徒には一生に一度のハッジ(メッカへの大巡礼)が義務づけられており、イスラム暦におけるハッジの際には、世界中から300万人以上もの巡
礼者がメッカに集まるという。
 年々増えつづけるイスラム教徒のために国は数千億円という莫大な費用を投じ、マスジド・ハラームの敷地を約40万平方メートル拡張し、最大220万人が同時に礼拝できるよう大掛かりな工事を行っていたのだ。

この続きをみるには

この続き: 10,029文字 / 画像22枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。