インカ帝国を築いたのは日本人!? 元駐日大使が語る創始者マンコ・カパックの正体/権藤正勝
見出し画像

インカ帝国を築いたのは日本人!? 元駐日大使が語る創始者マンコ・カパックの正体/権藤正勝

アステカ文明、マヤ文明と並び、古代アメリカ文明を代表するインカ帝国。
世界遺産のマチュピチュはその遺跡として知られるが、このインカ帝国を築いたのはなんと日本人だったという説がある。
ペルーの元駐日大使も「インカ帝国の創始者は日本人だった」という
内容の書物を著している。はたして、その根拠とは何なのだろう?

文=権藤正勝

三上編集長による解説動画

画像1

インカ帝国の最大領域(太線内)。ペルーのクスコを中心に、最盛期にはチリ、アルゼンチンまで広がっていた(© Google Inc.)。

嘘ではなかったインカ帝国日本起源説

 インカ帝国は日本人が作った? 荒唐無稽な話のようだが、南米のペルーでは、この仮説を信じる人も多いという。ネット上でも多数のサイトが、似たような情報を発信している。いったいどういうことなのだろうか。
 インカとは、南米のペルーを中心にエクアドルとボリビアにまで広がっていた大帝国で、1533年にスペイン人のコンキスタドールにより滅ぼされるまで、繁栄を誇っていた文明である。
 インカ帝国の前身は、1200年ごろに始まったクスコ王国で、一般的にはこのクスコ王国も含めて広義のインカ帝国と捉えられている。インカ帝国は、文字を持たなかったため、文献上の記録はスペイン人が残したものが多少ある程度で、多くの謎に包まれた文明である。
 新大陸に初めて到達した日本人の公式な記録は、慶長遣欧使節団と思われる。使節団は、出港から3か月後の1614年1月28日に現メキシコのアカプルコ港に入港した。彼らは、南米に向かうことはなくヨーロッパに向け、メキシコシティを出港している。
 だが、同じ年にペルーのリマ市の人口調査では、20人の日本人が住んでいたことが記録されているという。さらに、1608年の日付がついた日本人の公証遺言状もペルーに存在している。
 どうやら17世紀初頭に、漂流またはヨーロッパ人の船で南米に渡った日本人が少なからずいたようだ。また、16世紀後半には、日本人奴隷が南米にいた記録もある。しかし、いずれにしろ日本人の記録が現れるのは、インカ帝国の滅亡後、かなりたってからのことである。

 ところが不思議なことに、インカの王族の末裔の間では、インカ帝国を築いたのは日本人だという伝承があるようなのだ。
 第9代皇帝パチャクテクの子孫、ミゲル・アンヘル・トレス・チャベス氏は、「世界遺産"三大迷宮"ミステリー・ペルー編:インカ帝国を作ったのは日本人だった!? 」というテレビ東京の番組の中で、自分の一族にはインカ帝国の創始者が日本人であるとする伝承があることを明言している。
 どうやら、ネット上に見られる「インカ帝国日本起源説」の情報の出どころの多くは、この一本のテレビ番組のようであるが、皇帝パチャクテクとは何者だろうか?

この続きをみるには

この続き: 5,822文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。