ウォルマートの地下トンネルと軍事演習の陰謀的接続の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

ウォルマートの地下トンネルと軍事演習の陰謀的接続の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

スーパーマーケットチェーン「ウォルマート」の地下には全米中の店舗を繋ぐ巨大なトンネルがある!? そしてそれは、全米を震撼させた謎の軍事演習の陰謀ともつながっていて……。なぜ両者は結びついて語られるのか?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

謎の軍事演習ジェイド・ヘルム

 2015年7月。アメリカ最大規模といわれる対テロ軍事演習「Jade Helm 15(ジェイド・ヘルム)」が行われた。だが、開催地となった7つの州では大規模停電や電波障害が発生、なかには軍人に連行される一般市民の映像までもが流出し、「本当にこれは軍事演習だったのか」「演習にしては度を越している」など、疑問が多く残る結果となった。
 この内容は世界中で報じられ話題となったが、あくまでも軍事演習であることからその全容が明らかになることはまずないだろう。そもそも拘束されたのは本当に一般市民だったのか、もしそうであれば彼らはどこへ連行されたのか…。すべては謎のままなのだ。

 2021年となり、あれから6年が経過したが、一部の人々は今なおジェイド・ヘルムは軍事演習ではないと主張している。
 彼らによると、スーパーマーケットチェーン「ウォルマート」の地下には全米中の店舗を繋ぐ巨大なトンネルとともに、米国・緊急事態管理局(FEMA)の地下施設が建設されており、連行された人々はそこに収容されているというのだ。

 Walmart Inc(ウォルマート)は、米アーカンソー州に本社を置く、世界最大のスーパーマーケットである。親族経営としても有名で、創業者であるウォルトン家の総資産額や約27兆円と米国でもっとも裕福な一族でもある。まさに世界の富を集めるウォルトン家であるが、なぜ米国緊急事態管理局との関係性が囁かれるようになったのだろうか。

ウォルマートの地下トンネル

 噂をさかのぼっていくと、ことの発端は2015年4月。従業員に何の説明もなくカリフォルニア、テキサス、オクラホマ、フロリダにある5店舗を一斉に一時閉店したことがきっかけだった。店側の言い分としては、水道配管設備に問題が発覚し、工事のためやむを得ず5店舗を一時閉店することにしたというが、驚くのはその対応である。従業員らは店舗の閉店2時間前に、月給2か月分にあたる退職金の付与通知とともに解雇を言い渡されたというのだ。

この続きをみるには

この続き: 602文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。