見出し画像

火星地表で「目」を刻んだ人工構造物を発見!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

火星探査機キュリオシティの撮影画像に、「目」や「ランドセル」を思わせる石が発見された。なにものかが建造した構造物の遺跡なのか…?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

火星に「目」を彫刻した石があった!

 人類未踏の地、火星。探査機によって数々の異様な構造物が発見されているが、またもや人工物らしきものが発見されたので報告したいと思う。

  2022年1月。NASAが公開した火星探査機キュリオシティの画像に不可思議な物体が写りこんでいたと、アルゼンチンの『Mystery Planet』が報じた。荒涼とした大地に転がる岩になんとも奇妙な「目」のような模様が刻まれているというのだ。

 彼らが公開している拡大画像を見てみると、かなり鮮明にその模様を確認することができる。もしかしたら「目」よりは、赤血球のように中央が少しくぼんだ円形といったほうがより近いかもしれない。石を加工して浮かび上がらせるように模様を刻んだ瓦屋根のような形状を思わせる。
 だがさらに目を引くのは石の形である。
 上部が扇状にカーブしておりまるでランドセルのような形をしているのだ。さらに周囲は縁取りのような構造も見られることから、『Mystery Planet』の「何かの加工が施されている」という見解には思わず頷かざるを得ないだろう。

 彼らはNASAが公開している画像をひとつひとつ丁寧に拡大・加工・分析を繰り返し、今回の発見に至ったというが、過去にはピラミッドやモノリスなど数々の構造物が発見されている火星だけにこの石の正体が気になるところである。

火星の宗教建築物の痕跡か?

 謎の石が発見されたNASAの画像を調べたところ、これはキュリオシティが撮影したSol.00184の画像であることが分かった。

 そこでキュリオシティが同時に撮影した様々な角度の画像をくまなく見てみたが、明らかにこの石の形は異様である。荒涼とした火星の地表には大小様々な岩石が転がっていたが、どれも河原にあるような無骨な形をしており、ここまで綺麗な形態の石は1つも無かった。先述で石の形を“ランドセル型”と形容したが、周囲の岩石のようにすこしも鋭利に尖ったところが見られないのだ。
 やはりこれは人工的に加工された石なのだろうか。そしてもしそうだとすれば、これは一体何だったのだろうか。
 少し見方を変えてこの石を眺めてみると、どうだろう。灯籠のような、古代の柱頭のような形に見えてこないだろうか。もしくは塔の頂上部に飾られている彫刻のような、著者には何か、神聖な目的のための構造物の一部に見えるのだが…。

 昔から火星はミステリアスな惑星であった。はるか昔、この地で文明が興っていた可能性もまったくのゼロとは言い切れない。真実はいまだ分からないが、火星にはこうしたおかしな物体があることだけは事実なのである。

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。