見出し画像

陰陽師・安倍晴明と新皇・平将門の因縁を探る!立石・熊野神社の謎/菅田正昭

ムーPLUS

東京に伝説的陰陽師おんみょうじ安倍晴明あべのせいめいとゆかりの深い神社がある。
ユニークなことに、境内けいだいの形状は正五角形をしているが、それは陰陽道おんみょうどう陰陽五行いんようごぎょう説にもとづいているのだという。
一方で、この神社一帯には太古の霊石信仰の痕跡も残されていた!

文=菅田正昭 ◉日本魔界探訪◉

熊野神社の社地は、上空から見ると、たしかに正五角形になっている。現在、右半分は神社に併設される幼稚園の敷地になっている(©Google Inc.)。

正五角形にかたどられた境内

 東京都葛飾かつしか立石たていしに鎮座する五方山熊野ごほうざんくまの神社は、陰陽師の安倍晴明(921〜1005)が勧請かんじょうした神社として最近、注目されてきた。安倍晴明の紋は陰陽五行説に基づく五芒星ごぼうせいだが、立石熊野神社の社地は一辺が30けん(約55メートル)の正五角形なのだ。
 
 江戸時代の文化ぶんか文政ぶんせいのころ(1804〜1830)、幕府の昌平坂しょうへいざか学問所地理局が編纂した地誌『新編武蔵風土記稿しんぺんむさしふどきこう』(以下『記稿』と略す)には、「社地は五行にかたどりて五角なりしと、今もそのかたち残れり」と出てくる。
 
 同神社のHPを見ると、ドローンが見下ろした映像が載っているが、社地
はたしかに正五角形=聖五角形である。

 そのあたりの不思議感や霊性がパワースポットして注目されるのだろう。

この続きをみるには

この続き: 5,544文字 / 画像14枚
記事を購入する

陰陽師・安倍晴明と新皇・平将門の因縁を探る!立石・熊野神社の謎/菅田正昭

ムーPLUS

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。