見出し画像

”更”の2020年下半期の開運指南「窓開け・花買い・散髪」開運暦/大石眞行

ムーPLUS

指定の日時に、窓を開ける、花を買って部屋に飾る、髪を切る。たったこれだけのことで幸運が舞い込んでくる。東洋占術の大家・大石眞行氏による、日常生活の中の開運法、2020年下半期の”指南”をお届けします。

文=大石眞行

大石眞行(おおいししんぎょう)●玄学研究家。玄学とは各種占術の前提となる哲学、占術を支える理論、その運用技術などの総称である。現在、想星堂において各種占術の教授・鑑定・講演などを行う。ブログ「玄学ライフ」にて発信中。動画「うらない君とうれない君」で占い啓蒙活動をしている。

「窓開け・花買い・散髪」開運法の基本情報はこちら(暦は6月まで)。

「更」ーー改まる生活様式での生存戦略

 2020年も半分ほど過ぎ下半年を考えるときになりました。
 今年は庚子七赤(かのえねしちせき)の年。庚は音読みで「コウ」ですが、これは「更」に通じるとされます。更の本来の意味は、土地の凸凹を平らに打ち固める意。そこより転じて「あらためる」「かえる」「さらに」の意味となりました。
 今年前半の「更」はかなり強烈でしたね。すべての社会事象がいとも簡単に強制リセットされてしまいました。4月になれば新学期が始まるのが当たり前、高校野球は開催されて当たり前、外食、行楽は当たり前、こういった当たり前が根底から否定され、我々は否応なしに新たな生活様式に順応させられてしまいました。最初は戸惑いながらも、いつの間にか新たな生活様式に慣れている自分を再確認して驚いたりもします。人間の適応力とはすごいものです。

 運勢的にも差がつくのが、このポイントです。
 自然界でも弱肉強食というのはどうも真実ではないと考えられています。強いと思われる種が絶滅したり、どう見ても弱い存在が長い歴史を生き延びていたりする。弱肉強食ではなく適者生存が正しいようです。環境に適応したものが生き延びる

 環境に合わせて自分を変えるのはもちろん適者になる一つの条件です。
 ただ、もう一つの適応方法があります。自分に合った環境に移動することで環境との適応を目指すという方法です。
 要するに環境と人間の適応なのですから、どちらかをどちらかに合わせればいいので、何も必ずしもいつも自分が変わるばかりでなくてもよいのです。ここに(具体的な居場所でも、抽象的な居場所でも)いたのでは自分のやり方では生きていけない。ならば生きられる場所に移動すればいいのです。あるいはこの場所に合う生き方に(自分を)変えればいいのです。どちらも嫌だ、すべてこのままで都合よくなってほしいというのは通用しません。そんな実例をこの半年でさんざん見てきたでしょう。

開運行動をきっかけに、自己改革案を練るべし

 開運行動も自己変革の一つです。効果ある開運法ならば、必ず変わるきっかけを作り出してくれます。しかし、それはきっかけだけです。それをみすみす見逃すことも自由ですし、小さなきっかけをつかんで大きな変身の緒とすることも自由です。その意味で変化する気があるのかないのか、それはみなさん自身の決めることで開運法の関知するところではありません。

 6月いっぱいまでに改革案を作れなかった人は7月中に急いで腹を決めてください。8月からはそれを一歩一歩実行に移すときです。といっても狭い意味の実行ではなく布石を打つといった方が正しいでしょう。成果が上がるのは来年になってからです。いわば根回し、事前準備、段取り、そういった基礎の作業に没頭すべき年が今年なのです。

 庚の猛威は十分吹き荒れました。この庚のエネルギーを受け止め来年以降に備蓄していくのが十二支の子(ね)です。子は決してネズミなどではなく植物の種子を表します。来年以降芽吹き大きく成長する植物の種をまくのが今年後半のミッションなのです。そしてその種に込めるエネルギーが今年前半の変更改革の気である庚だったのです。
 諸々の開運法をやった、お金が入った、人間関係がうまくいったなどなど、それはそれでもちろん結構なのとですが、大きな目で見るならば、開運法の効果と思われるものが出たら、なるべくそれを未来につなげるように使っていただきたいものです。

 それが今年に限定した開運法の使い方の極意になります。

2020年下半期の「窓開け・花買い・散髪」開運法

 基本的な情報は前回記事を参照のこと。

「散髪」開運法については、特に開運効果のある日を上げている。純粋に散髪目的ならいつ行っても問題はない。10月は特によい日がないが、このような意味で開運につながる日がないというだけなので気にしすぎないように。

「花買い」開運法は、各月とも月始めから5日分までの候補日を挙げてある。月末近くになって花を買ってもすぐに捨てなくてはならなくなるので実用度の高い日を挙げることとした。したがって花を買う日はこれ以外にもある。なお、9月のみ花を買える日が4日しかないのでここだけは4日分のみ挙げてある。

7月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像1

8月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像2

9月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像3

10月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像4

11月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像5

12月「窓開け・花買い・散髪」開運暦

*時間表記はすべて24時間表記

画像6


この続きをみるには

この続き: 0文字

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。