見出し画像

マンデラエフェクトか勘違いか?「ファンタゴールデンアップル」の謎/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

ムーPLUS

有名人の死亡説や歴史的事件の顛末など、確かに記憶しているつもりでも実際は違ったという「偽記憶」に驚くことはしばしばある。
今回は懐かしの「金色のファンタ」について。正確には、その思い出は……?

文=初見健一 #昭和こどもオカルト

 「幻の飲料」をめぐるバトル

  今から二十数年前、僕の世代を中心としたネットユーザーの間で「ファンタゴールデンアップル論争」なるものが勃発した。一説によれば、すでに90年代なかばには某掲示板サイト内で議論になっていたそうだが、多くの人を巻き込んで過熱したのは2000年ごろだったと思う。やたらと盛りあがって各種ニュースサイトでも取り沙汰されたので、覚えている人も多いだろう。

「1975年ごろ、炭酸飲料『ファンタ』ブランドから『ゴールデンアップル』というフレーバーが発売された」といった複数の人が語る思い出話をめぐって、「いや、そんな商品はない」という「なかった派」と、「オレも飲んだことがある」という「あった派」の間で、大半の人にはまったくもってどうでもいい大論争が激しく展開されたのである。

  当時、僕個人はこの論争を「アホか」と冷ややかに眺めていた。現在の僕の本業は子ども時代の商品や文化をネタに駄文を書くことだが、当時から70年代のモノに関する記憶には自信があった。
「ファンタゴールデンアップル」が「あった」か「なかった」かなんてことは考えるまでもない。そんなもん、もちろん「あった」に決まってるじゃないか!
 僕は確かに何度も飲んだ。色も味も、ビンや缶のデザインも覚えている。テレビCMの記憶もあるのだ。CMの内容はウロ覚えだが、発売前からCMで目新しい「金色のファンタ」を目にしていて、お店で見つけたときは「わぁ、本当にゴールドの『ファンタ』だ!」と感激したことをはっきり記憶していた。

 ところが! この論争は「なかった」ということで終結する。販売元の日本コカ・コーラが「そんな商品の記録はない」と公式に発表したのである。

実在したのは「グレープ」

この続きをみるには

この続き: 3,207文字 / 画像2枚
記事を購入する

マンデラエフェクトか勘違いか?「ファンタゴールデンアップル」の謎/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。