まだまださきのもの/読者のミステリー体験
見出し画像

まだまださきのもの/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。

選=吉田悠軌

まだまださきのもの

栃木県 46歳 福田宏

 最近、ある大手電機メーカーが発表したヘッドホン型ステレオの最新モデルを見て、びっくりしていました。
 私はなんと、それを35年前に見ていたのです!

 そのころ私の実家は、アパートを営んでいました。2階建てで12室あり、大学生や若い勤め人が主な住人でした。
 私が小学6年生のときです。空き室にひとりの若い男性が引っ越してきました。
 クワハラさんという名で、短髪で背が高く、いつもニコニコと人懐こい笑顔を浮かべている人でした。勤めている様子はなく、ちょっと変わった人でした。母の話では文筆業らしいとのことでした。
 心根の優しい子供好きの人でしたので、私はときどきクワハラさんの部屋に遊びにいっていました。部屋の中は妙にガランとしていて、引っ越しの際に持ってきたダンボールが4つほどと、窓際に文机(ふづくえ)がポツンと置かれてあるだけでした。

 ある土曜日の午後のことです。私は母に頼まれて、クラハラさんの部屋におすそ分けのブドウを持っていきました。しかし、ドアをノックしても返事がありません。ドアノブを回してみたところ鍵はかかっておらず、ドアが開いてしまいました。

「クワハラさん」
 と、声をかけながら室内を覗き込むと、やはり留守のようです。 
 部屋の中は静まり返っていました。

 そのとき文机の上に窓の外の光が反射して、何かがキラキラと光っているのが目に入りました。思わずそれに引かれて部屋に上がり込み、文机の前まで行きました。
 文机の上のそれは私の手のひらほどの大きさをしていて、卵形の流線形をしたフォルムとメカは、当時のどんな最新機器よりも未来的に映りました。

 私は長い間、茫然(ぼうぜん)とそれを見つめていました。

 突然ドアが開き、クワハラさんが帰ってきました。そして、私が文机の上のものを見つめていたことを知ると、少しあわてた様子で近づき、サッとそれを手に取り、引き出しの中にしまい込んでしまいました。

「あれ、なんですか?」
 私は聞かずにはいられませんでした。

 するとクワハラさんは、ちょっと困ったような顔をして、
「マダマダサキノモノサ」
 と、謎のような言葉をつぶやいたのです。

 クワハラさんが急にアパートを引っ越していったのは、それから間もなくのことでした。
 あのとき私がクワハラさんの文机の上で見たモノと、最新型ヘッドホンステレオは、間違いなく同じモノです。

 ということは……クワハラさんは、なんらかの目的で未来(現在)から35年前のあの時代に来ていたタイムトラベラーなのでしょうか。不思議でなりません。
 あの日、クワハラさんがいった「マダマダサキノモノサ」という言葉が今も忘れられません。


(ムー実話怪談「恐」選集 選=吉田悠軌)

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。