見出し画像

青山霊園の消えた「!」標識/吉田悠軌・オカルト探偵

青山霊園にまつわる都市伝説のなかでも、謎の「!」標識の話は有名なもののひとつ。ところが近年、この存在をデマだとする説が巷に広がっている。かつて自らの目で標識を確認していたオカルト探偵は、記憶をたどりつつ伝説の真相に迫った‼

文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵

プロフィール

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回は青山霊園にある吉田家のお墓とツーショット!

幻と化した「!」標識

 2021年もまた花見をすることなく、すっかり桜が散ってしまった。満開の桜の下での酒宴など、もはや過去の思い出として存在するのみだ。
 ためしに記憶をひもといてみると……私も昔は青山霊園にて、よく花見をしていたものだ。墓と墓の間をぬって、ビニールシートと酔っ払い、出店までもが並ぶ光景は、桜の季節の風物詩だったのだ。
 そして2010年、青山霊園での花見が完全禁止となり、途方に暮れたことも鮮明に覚えている。

 そういえば、あの墓地にあった「『!』マーク道路標識」が撤去されたのも、ちょうどそのタイミングだったのではないか。

「『!』マークの道路標識は『幽霊注意』を示している」

 これは有名な都市伝説だ。そしてこの噂が広まる一因になった噂(つまり噂の噂)が、以下のものである。

「青山霊園の敷地内に、『!』マークの道路標識がある」

 青山霊園は桜だけでなく怪談の名所でもある。なにしろ日本の公営墓地の草分けであり、タクシー怪談発祥の地とされるなど、心霊スポットとしての歴史も長い。そんな青山霊園の、しかも公道ですらない敷地内に「!」マークの標識が立てられている。となれば幽霊出没を警告するために違いない……という話の流れだ。

 ただ、ここ最近は「青山霊園の『!』標識は存在しない」とする見解が主流を占めているようだ。
 多くの有名YouTuberたちが青山霊園へ突撃しているが、そこで標識を発見した動画は皆無。
 珍スポット業界の大手サイト『東京別視点ガイド』のレポートでも、「【結論】青山霊園に“!マークの標識”は無い」と断定。
 怪談作家の川奈まり子さんも、2014年『しらべえ』記事にて、こう記している。
「これは眉唾。私は青山霊園の近くに6年前から住んでいて、何度となく霊園内をくまなく散策してきたが、そんな標識は一度も見たことがない」
 有名人がこぞって否定しているため、世間一般でも「青山霊園の『!』標識=デマ」という認識が広まっているようだ。

 しかし、私はこうした大勢に逆らい、一石を投じておきたい。
 青山霊園に「!」マークの標識はあった。
 根拠は「私自身がこの目で何度も見ているから」。

 青山霊園は、笄(こうがい)川がつくった急峻な谷戸地形の、高台上にある。崖下を南北にゆくのが外苑西通りで、霊園を東西につっきる都道413号の青山橋(青山陸橋)と立体交差している。
 そして青山橋および都道413号(崖上)と高架下(崖下)をつなぐ「北坂」という坂道に、かつて確かに「!」の標識があった。

この続きをみるには

この続き: 3,310文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。