ムーPLUS
量子物理学式発電機を発明したという男の話など/南山宏・ちょっと不思議な話
見出し画像

量子物理学式発電機を発明したという男の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

ムーPLUS

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年11月号、第439回目の内容です。

文=南山宏

量子パニック

「自宅のガレージで〝量子物理学式発電機〟を動かしてたら、うっかり大ヤケドした。助けて!」
 米オハイオ州コランバスで、自称発明家のブラウン・アンダーソン氏(仮名)が、911番(日本の110番)に通報した。
 緊急救難隊が駆けつけて現場検証をしたが、アンダーソンにはヤケドひとつなく、放射能汚染もガス漏れもなければ、硫化水素などの危険物質もいっさいなかった。
 発明したという発電機も、ただの〝ガラクタの寄せ集め〟で、量子何とかと称せるようなシロモノではないことが判明した。
 2019年12月6日付「クリーヴランド・ドットコム」によれば、自称発明家は精神鑑定のため病院に送られたが、もし正常者であれば〝パニック扇動〟罪を問われる可能性があるという。


クモ毒

この続きをみるには

この続き: 2,030文字

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。