見出し画像

占い師LUAの心霊事件簿 六本木のバーを訪れた異世界のお客様たち/LUA

タロット占いの名手であり、著書『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』が6万部を超すベストセラーとなっているLUA氏。じつは幼少期から、数々の不思議体験をしているという。
とくに占いバーを経営していた2年間は、そうした出来事が頻発したそうだ。今回は、その思い出をひもといていただく。

文=LUA

「霊の通り道」になった占いバー

 私が六本木の雑居ビルに「LUA’s BAR(ルアズバー)」という占いバーをオープンしたのは、2006年のことだ。
 もともと店を開くつもりはなかったが、月に1度、占い鑑定に通っていたバーのオーナーから、系列店を経営してみないかといわれたのがきっかけだ。つまり、雇われオーナーである。

画像2

LUA’s BARの入り口。金色の龍と蜘蛛の装飾が施されていた。

 開店に当たり、インテリアは、ゴシックとアンティークを好むオーナーと私の趣味を前面に押しだすことにした。
 店のドアには龍と蜘蛛のエンブレム。夜のように暗い店内には、ゴールドの壁と赤い照明。装飾品は、SMプレイにでも使えそうなアンティークのチェーンと、ヤギをはじめとする動物の頭蓋骨が3つ。カウンターの中にあるボトル棚は一面が鏡張りで、途中から折れ曲がっていたため、見る角度によっては合わせ鏡のようだった。営業時間中は、その棚の前でロウソクを点ともしつづけたのである。

この続きをみるには

この続き: 15,167文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。