新羅時代の生け贄儀式! ”人柱”と思われる人骨が発見された/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

新羅時代の生け贄儀式! ”人柱”と思われる人骨が発見された/遠野そら・MYSTERYPRESS

韓国の宮殿遺跡から発見された人骨は、繁栄のために人柱となった生け贄だった? 古代史研究の重要な発見となりそうだ。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

新羅の宮殿跡から発見された”人柱”

 世界各地の遺跡から出土している生贄、人柱となった人々の人骨。今から約1600年前の韓国・新羅(しらぎ)の時代の人柱にされたと思われる人骨が発見された。

 発見されたのは、韓国慶州にある新羅第5代王・娑婆尼師今(ばさ にしきん)が築城した宮殿の跡地だ。その形から月城とも半月城とも呼ばれるこの都城址は、西暦101年に造られてから高麗に克服される935年まで、そのほとんどの新羅王が居住していたとされる王城である。
 人骨が出土したのは宮殿の西門があった城壁の基礎部分で、この場所からは過去にも2体の人骨が出土していることから、人柱の儀式が行われていた可能性が非常に高いことが明らかになったのだ。
 中国でも同様の人柱の記録が残されており、やはり門などの入り口付近に埋葬されることが多いそうだ。地盤を強くし、未来永劫の繁栄を願う意味が込められていることから、宮殿などを建築する時の儀式として新羅でも執り行われたのではないかと考えられる。

 慶州国立文化遺産研究所の発表によると、今回発見された人骨は身長約135センチの20代の女性で、歯などの状態から栄養状況がよくないことがわかったため奴碑(ぬひ)など、身分の低い人物だった可能性が高いと推測されている。遺骨には抵抗したような跡は見られず、装飾品を身に着けた状態で仰向けに寝かされ、動物や、アルコールと思われる液体が入った壺とともに埋葬されたようだ。

 他にも2017年には今回発見された場所から50センチほどのところで、50代の男女2人の人骨が出土している。調査の結果、足から少量のたんぱく質が検出されたことから、恐らく革の靴を履いて生活していた身分の者で、埋葬される直前に殺害されたことが明らかになったが、今回発見された女性との関係性は不明なようだ。

この続きをみるには

この続き: 581文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。