ムーPLUS
怪談家ぁみの心霊写真! 初盆の暗闇で光る「幽霊の目」
見出し画像

怪談家ぁみの心霊写真! 初盆の暗闇で光る「幽霊の目」

ムーPLUS

数多くの怪談にまつわる活動を行う怪談家ぁみ氏のもとに 。不思議な写真が寄せられた。
はたして、これは幽霊か、妖怪か、あるいは・・・・・・⁉

◉心霊写真レポート◉ 文=編集部

●怪談家ぁみ● 渋谷怪談夜会を主宰するほか、『レイワ怪談』(学研プラス)の著者としても知られる。「ストリートビューになにかが写り込んだ」「リモート飲み会の参加者の背後に……」など、"今どき"の怪談を数多く収集する。

女性の背中に「霊の目」!?

 去る2021年12月、世界の謎と不思議に挑戦するオカルト・ホラー・ミステリーの祭典「ムー1グランプリ 都市伝説・オカルト編」が開催された。
 写真や映像といった資料を提示しつつ「ムー」掲載をイメージしたプレゼンをする企画で、数々のエピソードが披露されるなか、グランプリに選ばれたのが、怪談家ぁみ氏の「心霊写真」である。

フラッシュに反応してふたつの目のようなものが見てとれる。カメラの顔認証に反応したものの正体だろうか。周囲のモヤは顔の輪郭のようにも見える。

 ご覧のとおり、画面中央、カメラのフラッシュに反応するようにふたつの光が見てとれる。女性の背中から真っ黒い影が突きだすように写ったそれはまるで顔のように見えるが、事実、この「なにか」はスマホの顔認証に反応したというのだ。

 この奇怪な写真をぁみ氏のもとに寄せてくれたのは、ぁみ氏のファンで、怪談イベントに参加したことがあるサイトウ氏だった。

問題の写真の周囲には、 光源になるものはもちろん、小動物などの存在も確認できない。

 撮影したのは2013年、ご両親がお亡くなりになり、迎えた初盆でのこと。サイトウ氏は空き家になっていた新潟県旧上川町かみかわちょうの実家に久しぶりに帰ることになった。兄弟や従兄弟も集まり法要をすませたあと、夜になって「久しぶりに集まったから花火でもやらないか」という話になった。
 田舎の一軒家ということもあり、庭も広い。周囲を杉の木で囲まれており、夜になるとあたりは暗闇に包まれる。花火をするには絶好のロケーションといえるだろう。

 久しぶりの再会だったからか、童心を思い出すかのように盛り上がり、何枚も写真を撮影していたところ、サイトウ氏の夫人がある異変に気づいた。構えたスマホの画面越しにふわふわと光のようなものが見えるという。おかしいな、と思い画面から目を離して周囲を確認しても、光源になりうるものは存在しない。なにか気のせいだと思い再度スマホに目線を戻すが、光の球らしきものは消えていない。
 それどころか、今度はカメラの顔認証が反応し、その物体(?)を追いかけはじめたという‼ スマホの故障かと思い、サイトウ氏はデジカメを同じアングルで構えたが、その謎の光はいなくなるどころか、花火を楽しむサイトウ氏たちの方へ近づいてきているではないか!

 無気味に思いながらも、肉眼で見えないのであれば対処のしようもない。サイトウ氏は戸惑いつつも花火をする夫人の様子をスマホで撮影したところ、撮れたのが問題の写真である。サイトウ氏によれば、謎の光は夫人の背中にスーっと入り込むような動きをしたそうだ。

 さらにもう一枚、別アングルからの写真もご覧いただこう。

物干し台が映っている写真に花火とは違う光球(オー ブ)が写っている。この光が夫人の背中にとりつくように動いたという。

 夫人の背後、物干し台との間に“なにか”が見える。夫人の体勢からしても、腕の残像などではないだろう。楽しそうな様子を覗き込んでいるかのようだ。謎の光と同一の存在なのだろうか。

夫人の背 後に"なにか"が見える。カメラを構えるたびに近づいてきたという光球。この時点で夫 人の背後にまでたどりついていたのだろうか。
こちらの写真にも、花火が出す火の粉とは別の光を発するまばゆい発光体が見てとれる。

 意思を感じさせる動きを見せる存在について、ぁみ氏は「心霊現象ではなく、未確認、異次元の生命体という視点で調査したく、ムーに提案した」という。

 盆の時期ということもあり、花火を楽しむ様子に引き寄せられて、この世ならざるものが顔を見せたのだろうか。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。