見上げてごらん…次第に大きくなる怪異「次第高・しだい坂」の謎/黒史郎・妖怪補遺々々
見出し画像

見上げてごらん…次第に大きくなる怪異「次第高・しだい坂」の謎/黒史郎・妖怪補遺々々

日本各地に残されている、次第に大きさが変容していく怪異の伝承。そんなひとつ、島根県の「しだい坂」は何ゆえ〝坂〟なのか!? 
ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ!

*前回が「人面犬・前編」だったので後編かと予想されたと思いますが、予定どおりにいかないのも「妖怪補遺々々」なのです(編集部)

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

見上げれば見上げるほど

 見上げれば、見上げるほど、だんだん大きくなっていく、そんな妖怪があります。
 有名なものでは【見越入道】【見上げ入道】【高入道】などがあげられますが、今回は島根県に伝わる【しだい坂(シダイザカ)】という妖怪にスポットを当ててみたいと思います。

 名前を見て、ピンときた方もおられるでしょう。
 これとよく似た妖怪の名称に【次第高(シダイダカ)】があります。知名度は断然、後者のほうが高いです。
「次第高」を辞書で引くと「価格などが順々に高くなっていくことだとありますが、妖怪の次第高も読んで字の如く、先の入道たちのように次第に大きくなっていく妖怪なのです。
 柳田國男「妖怪名彙」では、阿波の高入道とよく似た怪物を、長門(山口県)各地では次第高という、とあります。これは人間の形をしているもので、高いと思えばその背丈がどんどんと高くなっていき、また、見下ろすと低くなっていくものだといいます。
『綜合日本民俗語彙』では【シダイタカ】と表記され、山口県の厚狭郡と阿武郡でいうもので、やはり人間の形をし、次第に高くなる妖怪だとしています。
 水木しげるはこれを人の形ではなく、目のある煙のような姿で描いておりますが、むくむくと空に膨れ上がっていく噴煙を思わせるその姿からは「次第に高く」なっていく様を容易に想像できます。
 児童向けの書籍でも見られます。
『世界の妖怪全百科』(小学館)の「次第高」は、満月の夜に外出すると地面に映る自分の影がどんどん伸びていき、その影は向こうの山にまで達するというものです。
 次第に高くなるから「次第高」と書くのはわかりますが、「しだい坂」とは、どういう意味をもつ妖怪の名称なのでしょうか。あるいは、妖怪が出没する坂の名称でしょうか。

この続きをみるには

この続き: 2,174文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。