見出し画像

太陽系外天体オウムアムアは宇宙船だ‼ 葉巻型UFO続発の真相を追う/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象——。今日までに世界各地で起きた超常現象の数々。事件はなぜ起こるのか? はたして現在はどうなっているのか?
不可思議な事件の数々を、超常現象研究家・並木伸一郎が鋭く切り込む。
今回は、2017年に太陽系外から飛来した小惑星オウムアムア=宇宙船説を検証する。

文=並木伸一郎

太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」

 2017年10月19日、ハワイ、マウイ島のハレアカラ山頂にあるハワイ大学の天文学研究所が所有する「パンスターズ望遠鏡」が、謎の天体を発見した。太陽系外から飛来した小惑星「オウムアムア」である。

画像2

NASAが公開したオウムアムアの想像図。

 この小惑星は、ハワイの言葉で「斥候」「偵察者」「最初の使者」を意味し、観測史上初となる恒星間天体として注目を集めた。その一方で、名づけられた意味の通り“宇宙からの使者”すなわち太陽系外から侵入してきた異星からの宇宙船ではないかと取りざたされている。

 オウムアムアは、こと座でもっとも明るい恒星「ベガ」の方向から、時速9万5000キロという驚異的なスピードで飛来。太陽に向かって加速したのち、すでに太陽系を離脱しつつある。地球とベガは約25光年離れており、この恒星間天体が太陽系へ到達するまでには数億年を費やしたと推測される。
 途方もない時間を経て地球に到達したオウムアムアが“宇宙船”として注目されるようになった発端は、天体としてはいびつで不自然な形状にある。
 NASAの報告によると、オウムアムアは長さ約400メートル、幅約40メートル、縦横比が10対1で“葉巻形”だという。実は、このような細長い形状の天体は、遠心力が重力を上回ってしまい、形状を保てない。
 しかし、オウムアムアはその自然の摂理に反して飛来してきた。このことから、「異星人が送り込んだ宇宙船ではないか?」と注目されるようになったのだ。
 そして現在、オウムアムア=宇宙船説は、科学者たちの間で、さらなる高まりを見せている。

画像2

ハワイ大学の天文学研究所のパンスターズ望遠鏡。

科学者が調査を続けるオウムアムア=宇宙船説

 宇宙船説に関して、科学者たちが発信している情報は実に興味深いものだ。
 米国時間2018年1月13日午後3時から、外宇宙における知的生命体の存在を探るプロジェクト・グループ「ブレイクスルー・リッスン」が、去りゆくオウムアムアに電波望遠鏡を向けている。同グループは世界的に高名な理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士(2018年3月に逝去)をはじめ、世界中の大規模な天文台が協力していることでも知られているが、彼らがオウムアムアを観測する目的は、オウムアムアから発信されているかもしれない微弱な電磁信号を捉えるためである。つまり、科学者たちもオウムアムアが宇宙船である可能性があると考えているということだろう。
 事実、ブレイクスルー・リッスンの面々はオウムアムアの葉巻形の形状は、異星人が恒星間移動に適していると指摘している。宇宙空間での予測不可能なダストとの衝突リスクを極力回避するという側面では、船首である先端面積が小さい葉巻形の特異な形状も理にかなっているからだ。かくしてオウムアムア=宇宙船説は過熱していき、ついには“知的生命体の探査機”である可能性まで取りざたされるようになる。

この続きをみるには

この続き: 2,698文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の4月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の4月分セットです。

または、記事単体で購入する

太陽系外天体オウムアムアは宇宙船だ‼ 葉巻型UFO続発の真相を追う/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ムーCLUB 2020年4月配信セット
ムーCLUB 2020年4月配信セット
  • 32本
  • ¥1,200

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の4月分セットです。