樋上いたるインタビュー 怪談で作画集中! ホラー・オカルトへの愛と創作意欲
見出し画像

樋上いたるインタビュー 怪談で作画集中! ホラー・オカルトへの愛と創作意欲

感動的なシナリオと美しい絵で“泣きゲー”と呼ばれるジャンルを生み出した『Kanon』『AIR』『CLANNAD』。一連の作品は京都アニメーションでアニメ化され、大ヒット作になった。
これらの名作で原画を担当した樋上いたる氏は、実は、ホラーやオカルトに造詣が深いことでも知られ、さらには「ムー」の熱心な読者でもあるのだとか。
そこで、本誌では単独インタビューを敢行。「ムー」への愛と、ホラーゲーム制作への熱意を余すところなく語っていただいた。

文=山内貴範 #ムー民クリエイター
協力=樋上いたる

心霊・ホラーに浸った思春期

――樋上いたる先生がオカルト好きで、しかも「ムー」の読者と聞いて、正直驚いています。樋上先生が関わってきた作品には、泣ける、感動的な内容というイメージがありますが。

樋上:そういうイメージを持たれることが多いんですが、うちは子どものころから大のオカルト好きで(笑)。特に、心霊系の怖い話が大好きでした。「ムー」を熱心に読んでいたのは、中学生から高校生の頃かな。オカルト系の特集があれば手当たり次第に雑誌を買っていましたし、漫画もホラー漫画ばかり読んでいましたね。高校時代に深夜に放送されていた『デモンズ』というゾンビ映画も好きで、真っ暗な部屋で見ては興奮していました。

――どうしてオカルト好きになったのですか? 幼いころに何か不思議な体験をしたとか、テレビ番組がきっかけになったとか?

樋上:気づいたころから好きになっていたので、直接の理由はわからないんです。タイトルまでは覚えていないのですが、1990年代は特番でも心霊系のテレビ番組が多かったので、影響されたのかもしれません。

1キョンシー背景付a

「キョンシーがめっちゃ好きなんですよ」と話す、樋上氏。中国風の衣装や、カンフーアクションも好むため、『幽幻道士』などの映画は常にチェックするという。曰く、「キョンシーの映画はうちの好みが凝縮している」のだそう。(イラスト=樋上いたる)
最新作「幻想牢獄のカレイドスコープ」が12月17日リリース!

この続きをみるには

この続き: 3,379文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2020年12月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。