コロナ禍を予言したインドの少年占星術師が警告! 2021年の経済崩壊・新たな疫病、そして戦争の恐怖/宇佐和通
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍を予言したインドの少年占星術師が警告! 2021年の経済崩壊・新たな疫病、そして戦争の恐怖/宇佐和通

2019年8月に、2020年の新型コロナウイルスによるパンデミックの発生と世界的な影響を予言していたインドの少年占星術師、アビンギャ・アナンド。日付レベルで一致する予言を残した彼は、2020年末、2021年に向かう世界をどう見ているのか……。衝撃の予言を紹介する。

文=宇佐和通

2019年にコロナ禍を予言していたインドの少年占星術師

 世界レベルでもコロナ禍の先行きがまったく見えない中、『SEVERE DANGER TO THE WORLD FROM NOV 2019 TO APRIL 2020』というタイトルの動画が話題になっている。YouTubeにアップされたのは、新型コロナウイルスという言葉がまだ生まれていなかった2019年8月22日だ。

 動画に登場するインド人少年アビンギャ・アナンド君は、ごく普通の14歳の男の子ではない。古代インドの思想体系『ヴァーストゥ・シャーストラ』をマスターし、大学院レベルでアーユルヴェーダ微生物学を学んだ。さらにインド占星術に精通し、2013年にはインドの全国紙を舞台にその占術を発揮した。そして92万人近くの登録数がある『コンサイエンス』というチャンネルを運営している。

 インド占星術は、西洋占星術と同じく惑星の配置と星座の位置関係から事象をひもといていくという方法が取られるが、予言的な内容については時として日付までがはっきり示されることがある。だからこそと言うべきだろうか。アナンド君の淡々とした口調には、戦慄を感じざるを得ない。

 この原稿を書いている時点で800万回以上再生されている動画でまず注目すべきなのは、アナンド君が2020年1月11日に「大災害の始まり」が訪れると語っていることだ。中国・武漢に住む61歳の男性が新型コロナウイルス感染による初の死者となったことが報道されたのがまさにこの日だった。
 そして3月31日には最強の惑星である火星と土星、そして木星が“コンジャンクション=合”を形成し、3つの惑星の影響が一気に地球に向かう配置となった。同時に水の属性の惑星である月の影響により、咳やくしゃみをする人が多くなると語っている。5月29日には地球が悪しきサイクルから抜け出し、そのために5月31日には勢いがいったん収まるが、収束に向かう気配がみられるのは「2日間だけ」であり、「2020年6月まで、よい知らせは何もない」と語っている。

チャンネル「コンサイエンス」の運営者は?

この続きをみるには

この続き: 2,067文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。