見出し画像

満蔵寺の「河童の手」御開帳! レントゲン写真でわかった正体と洪水伝説/松雪治彦

茨城県土浦市佐野子に残る河童伝説。今も満願寺には、河童の手のミイラが大切に保管されている。その"河童の手"の正体と地域に伝わる河童伝説を検証する。

文=松雪治彦 *関連記事「ムーさんぽ」

室町時代から伝わる由緒ある〝河童の手〟

「この箱を開けたってことは、明日は雨になるなぁ……」

画像1

"河童の手"を保管されている箱から取り出す阿部守男氏。

 茨城県土浦市佐野子の満蔵寺にて、何重にも袱紗(ふくさ)に包まれた朱塗りの木箱を取り出しながら、阿部守男氏は呟いた。阿部氏は佐野子にて“河童の手”を管理する、地元の長老である。
 ここ満蔵寺には室町時代の伝承に由来する“河童の手”が伝えられている。本来なら毎年6月の第一土曜に開催される「佐野子かっぱ祭り」にだけご開帳となるのだが、今年はコロナ禍にて祭り自体が中止となった。あえなく取材断念かと思いきや、本誌のために特別に公開してくれたのだ。

画像2

人間のものではなく、何の動物の物か判断がつかない。

 木箱から取り出された河童の手は、手首の橈骨と尺骨で切られたようになっており、爪の先までの長さは10センチほど。手のひらから指先まで長細く、わずかに水かきのようなものも見て取れる。干からびてはいるものの、ところどころに毛が残っていた。

 想像以上に小さかった。人間の手で考えると幼児のサイズだ。実は「ムー」では約30年前、1991年6月号にてこの「河童の手」を取材しているのだが、その記事には「15センチ」と記述がある。佐野子の人たちは「縮んできた」と口にするが、この30年で気が抜けてきたとでもいうのだろうか。
 ともあれ、この手が何かしらの生き物の手であることは間違いない。事実、2016年に八戸で開催された「かっぱ展」に貸し出した際、レントゲン撮影が行われたのだが、そこにはしっかりと骨格が写っているのだ。

この続きをみるには

この続き: 2,393文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
9
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。