見出し画像

呪いの名所!? ドイツで発見された「人形の森」の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

ドイツの山中に、夥しい数の人形が集められた森がある。呪術めいた雰囲気を漂わせつつ、そもそも何者が、なんのために、人知れず場所に仕掛けたのか、いっさいが不明だ。見つけられることすら目的としない「人形の森」の真意は?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

森の中に、人形、人形、人形…

 ドイツ北西部に位置する小さな集落が『呪いの名所』として、SNSで話題になっている。なんでも集落にある森の中で、不気味な人形が数多く発見されたというのだ。「まるで森全体が呪いをかけられたようだ」と、国内のYouTuberや廃墟ファンが撮影のため現地に押し寄せているという。

  人形が発見されたのは、オスナブリュック市の郊外・ズットハウゼンという人口わずか4500人ほど小さな集落である。周辺は、ドイツの高速道路アウトバーン「A30」のジャンクションがあるくらいで、いたって静かな地域だ。

 人形の森が注目を集め始めたのは今から5年ほど前。
 ネット民に人気の宝探しゲーム「ジオキャッシング」がきっかけだった。ゲームの中で、プレーヤーがたまたまズットハウゼンの森を訪れたところ、不気味な人形を多数発見。SNSで公開すると、瞬く間に話題になったのだという。今では地元紙を含む様々なメディアで「呪われた森」として注目を集めることになった。

  しかしながら気になるのは、なぜここまで多くの人形が森の中に安置されることになったのか、その理由である。
 ドイツ国内を始め様々なサイトを参照してみたが、その決定的な理由は明らかになっていない。だが、地元メディア紙によると「メキシコにある、『人形島』に感化されたのではないか」と推測しているようだ。

メキシコの人形島「ソチミルコ」

  メキシコで有名な人形島―「ソチミルコ島」をご存じだろうか。ここは船でしか行けない僻地にありながら、数えきれないほどの人形が島中に安置されていることで知られている。ここまで多くの人形が集められた理由としては、「島の近くで溺れ死んだ少女の霊魂を慰めるため」とも、「悪霊から島を守るため」とも伝えられているが、所有者が謎の死を遂げたことで、その真相は今なお闇に包まれている。

 島は旧アステカ帝国の首都であった、“ティノチティトランの名残“だというが、その伝統とは裏腹に、島に近づくだけで吐き気やめまいに襲われる、人形を見ただけで悪寒を感じる等、その異様さを訴える人が後を絶たない。

 ズットハウゼンの森を訪れた人々も、メキシコの人形島と同じように何かしら“強い念”のようなものを感じるという。それがどのような念なのかは分からない。だが、そこだけ空気がゾクゾクとするような、冷気のようなものを感じるということだ。

 現在は森の様子を写真でしかみることができないが、人形の表情や形状を見ると、何かしら呪術的な意味をもって残されたようにも感じる。それが憎しみなのか、怨念なのか…。人々の証言からも何かのパワーが宿っているのは間違いないようだ。
 果たしてこの人形にどのような意図が隠されているのか。今後も注目していきたいと思う。

 

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。