『地獄先生ぬ~べ~』真倉翔&岡野剛インタビュー 鬼の手のデザインとお色気シーンの制作秘話とは?
見出し画像

『地獄先生ぬ~べ~』真倉翔&岡野剛インタビュー 鬼の手のデザインとお色気シーンの制作秘話とは?

1990年代に『地獄先生ぬ~べ~』で大ヒットを飛ばした“鬼漫画”の先駆者であり、現在も、最強ジャンプで第3シーズン『地獄先生ぬ~べ~S』を連載中! 原作者・真倉翔先生と作画担当の岡野剛先生へのインタビュー、後編です。

前編はこちら

文=山内貴範  #ムー民クリエイター
協力=真倉翔、岡野剛、集英社

現実にありそうな恐怖と怪奇を絵にする

――私は小学生の頃、『ぬ~べ~』に出てくる妖怪のリアルな描写が衝撃的で、怖くて眠れなくなり、トラウマになりました。同様に感じた子どもは少なくないと思います。印象深い絵(場面)を生み出すために、岡野先生が心掛けていることはありますか?
岡野:まず、妖怪にしても、UMAにしても、現実にいてもおかしくない絵を目指しています。僕がそう考えるようになったのは、子どもの頃に読んだ“口裂け女”の漫画がきっかけなんですよ。ハラハラしながら読んでいたのに、肝心の口裂け女が出てきたら、ぜんぜん怖くなかったんです。
――どうしてですか?
岡野:口裂け女の“歯”が、サメの“キバ”みたいにギザギザに描かれていたんですよ。これは変だと思って一気に冷めたんです。口裂け女は、整形手術の失敗で口が裂けたという設定がありますから、“人間の歯”じゃないとおかしいですよね?
――『ぬ~べ~』にも口裂け女が出てきますが、岡野先生がおっしゃるように、歯の描き方は人間そのものですね。
岡野:人間の歯を観察して、さらに口角の裂け目なども徹底的にリアルに描きました。口裂け女のほかにも“人食いモナリザ”など、元が人間という設定の妖怪は歯にこだわっています。人間っぽく描くからこそ現実味があって、怖いんですよ。

画像6

岡野剛氏が、「子どもの頃の自分を怖がらせるつもりで描いた」という口裂け女。リアリティを出すべく実際の歯を観察して描いたという、渾身の表現だ。「#31 恐怖の口裂け女の巻」より。

――なるほど! 読者がインパクトを感じたのはそのせいかもしれませんね。
岡野:単なる自己満足だろうと思っていたら、諌山創先生が、「『進撃の巨人』に出てくる巨人のデザインは、人食いモナリザが人間の歯で人間を喰う様子から影響を受けた」と話していて、やった! 通じた! と感激しました。口裂け女って、僕が小学6年生の頃に学校がパニックになるくらい噂になったんですよ。僕は電車通学だったから、1人で駅まで行くのが怖かった。『ぬ~べ~』の妖怪は、当時の自分と同じくらいの年齢の子を怖がらせようと思って、描いています。

鬼の手はエイリアン由来!?

この続きをみるには

この続き: 2,566文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2021年1月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。