ポーランドの大聖堂”チャクラスポット”で瞑想する人々/遠野そら
見出し画像

ポーランドの大聖堂”チャクラスポット”で瞑想する人々/遠野そら

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、ポーランドのカトリック教会大聖堂に、なぜか”チャクラ”のパワーを求める人が集まっているというお話……。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

ポーランドのパワースポット

 ポーランド第2の都市クラクフにはある不思議な伝説がある。

 ポーランド代々の王の居城である「ヴァヴェル城」の敷地には、世界に7つしかないチャクラストーンが眠っているーーというものだ。

 ヴァヴェル城があるクラクフは、かつてのポーランド王国の都であり、ポーランド文化の中心地であった。今なお中世の美しい街並みを残すクラクフ歴史地区は世界遺産にも登録されている地域で、特にヴァヴェル城内にあるカトリック教会の大聖堂「ヴァヴェル大聖堂」は代々、ポーランド王の戴冠式が行われてきた歴史的にも貴重な場所である。

ヴァヴェル大聖堂ポーランド

ヴァヴェル大聖堂。

 現在では歴代の国王が眠る博物館として公開されているのだが、このカトリックの大聖堂に、なんとヒンドゥー教の三大神・シヴァ神が投げた「チャクラストーン」が埋まっているとして、連日信者が後を絶たないというのだ。

 サンスクリット語で「車輪」や「光る輪」を意味するチャクラは、古くからインドで伝えられている人体のエネルギーポイントのことである。このチャクラを刺激することでエネルギーが回転し、眠っている潜在意識が開花すると信じられているのだが、シヴァ神が世界に放った7つの石「チャクラストーン」が埋まっている場所は最強のエネルギーを持っており、そこにいるだけで精神の浄化から病気の治癒に至るまで様々な効果を得ると言われているのだ。

最強のチャクラスポット

この続きをみるには

この続き: 774文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年9月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年9月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。