見出し画像

ポーランドの大聖堂”チャクラスポット”で瞑想する人々/遠野そら

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、ポーランドのカトリック教会大聖堂に、なぜか”チャクラ”のパワーを求める人が集まっているというお話……。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

ポーランドのパワースポット

 ポーランド第2の都市クラクフにはある不思議な伝説がある。

 ポーランド代々の王の居城である「ヴァヴェル城」の敷地には、世界に7つしかないチャクラストーンが眠っているーーというものだ。

 ヴァヴェル城があるクラクフは、かつてのポーランド王国の都であり、ポーランド文化の中心地であった。今なお中世の美しい街並みを残すクラクフ歴史地区は世界遺産にも登録されている地域で、特にヴァヴェル城内にあるカトリック教会の大聖堂「ヴァヴェル大聖堂」は代々、ポーランド王の戴冠式が行われてきた歴史的にも貴重な場所である。

ヴァヴェル大聖堂ポーランド

ヴァヴェル大聖堂。

 現在では歴代の国王が眠る博物館として公開されているのだが、このカトリックの大聖堂に、なんとヒンドゥー教の三大神・シヴァ神が投げた「チャクラストーン」が埋まっているとして、連日信者が後を絶たないというのだ。

 サンスクリット語で「車輪」や「光る輪」を意味するチャクラは、古くからインドで伝えられている人体のエネルギーポイントのことである。このチャクラを刺激することでエネルギーが回転し、眠っている潜在意識が開花すると信じられているのだが、シヴァ神が世界に放った7つの石「チャクラストーン」が埋まっている場所は最強のエネルギーを持っており、そこにいるだけで精神の浄化から病気の治癒に至るまで様々な効果を得ると言われているのだ。

最強のチャクラスポット

 特にこのヴァヴェル大聖堂にある聖ゲレオン礼拝堂は、スピリチュアルエネルギーの源泉ともいえる最強のチャクラスポットであり、ここから噴き出すエネルギーを感じようと連日、礼拝堂の壁に手や背中を当てる人が後を絶たないそうだ。世界遺産であるカトリック大聖堂でありながら敷地内で瞑想を始める強者までいるそうで、管理事務所はほとほと手を焼いているという。

 礼拝堂からチャクラストーンが発掘されていないので、ただの伝説かと思いきや、この場所には何か強力なエネルギーが流れていることは間違いないようだ。実際に地学者がこの場所をBSM(Bovis-Simenoton-Matela)測定器にて計測したところ、通常の倍以上の放射線値が検出されており、スピリチュアル専門家らも同じ場所でエネルギーを確認しているという。

 シヴァ神が投げたチャクラストーンは他にもオーストラリアやヒマラヤなど世界中に点在しているというが、全部集めたら願い事が叶うだろうか…。機会があればぜひ訪れてみてほしい。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
16
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 277本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*