中国郵政なるところから届く謎の種子/遠野そら・MYSTERY PRESS
見出し画像

中国郵政なるところから届く謎の種子/遠野そら・MYSTERY PRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、先日に話題となった「中国から謎の種が届く」問題を振り返る。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

中国から届く”種”

 ある日、中国郵政と書かれた郵便物が届き、中を開けると謎の種子が入っていたーー。

 今夏、身に覚えのない種子が個人宛に届く、という事例が相次いだのは記憶に新しいだろう。到着が確認されたのは、アメリカを始めカナダ、イギリス、オーストラリアや日本など。特に、アメリカでは多くの州で種子の到着が確認されており、米農務省は害虫や生態系に異変をきたす可能性があるとし、決して種子を植えないよう呼びかけている。

 米・動植物検疫局は、2020年8月末時点で到着した8,507袋を回収、うち2410個の種子を検査したところ、321種類の種子が確認された。そのほとんどが野菜や花、ハーブ類だったが、なかには米国で栽培を禁止されているヒロハヒルガオ等の「有害植物」の種子や害虫も発見されていることから、廃棄する際は漂白剤に浸す、オーブンで焼く等、細心の注意を払うよう訴えた。

この続きをみるには

この続き: 1,156文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。