見出し画像

中国郵政なるところから届く謎の種子/遠野そら・MYSTERY PRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、先日に話題となった「中国から謎の種が届く」問題を振り返る。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

中国から届く”種”

 ある日、中国郵政と書かれた郵便物が届き、中を開けると謎の種子が入っていたーー。

 今夏、身に覚えのない種子が個人宛に届く、という事例が相次いだのは記憶に新しいだろう。到着が確認されたのは、アメリカを始めカナダ、イギリス、オーストラリアや日本など。特に、アメリカでは多くの州で種子の到着が確認されており、米農務省は害虫や生態系に異変をきたす可能性があるとし、決して種子を植えないよう呼びかけている。

 米・動植物検疫局は、2020年8月末時点で到着した8,507袋を回収、うち2410個の種子を検査したところ、321種類の種子が確認された。そのほとんどが野菜や花、ハーブ類だったが、なかには米国で栽培を禁止されているヒロハヒルガオ等の「有害植物」の種子や害虫も発見されていることから、廃棄する際は漂白剤に浸す、オーブンで焼く等、細心の注意を払うよう訴えた。

 しかし、国土が広いアメリカ。その後の調査によると、7月だけでなんと国内数万人に種子が届いていたことが明らかになったのだ。さらに、警鐘を無視し、すでに種を植えてしまったという報告も続々と寄せられており、今後その数は数百~数千人にのぼると推測されている。

種を植えてしまった人々

 “ネットで注文した種子が届いたのかと勘違いして植えてしまった“という人がほとんどだが、なかにはYoutubeへ投稿するネタとして植えた人、さらにはそのまま種子を食べたという強者まで現れる始末。アーカンソー州に住む男性にいたっては、興味半分で種を植えたところ、見たこともない実が成り、慌てて当局へ連絡するという騒動を起こしている。種子を植えた男性によると「オレンジ色の花が咲いたかと思うと、恐ろしい早さで成長していった」ということだ。

 世界中で波紋が広がっている謎の種子問題。当の中国は、これは中国郵政を騙った詐欺であると断言、中国は一切関係ないと主張しているが、種子が届いたのは奇しくも中国との関係があまり良くないとされる国々ばかり。特に確執が広がっているアメリカでは、侵略種や病原菌の可能性も視野に入れ注意深く調査を進めていくという。

 実りの秋を迎えたアメリカだが、謎の種子の収束はまだ見えず今後の行き先に頭を抱えているようだ。

 新たな生物テロ、生態系へのテロなのか? 有害植物”も”あるという、絶妙に油断しそうな配分が気になる。そして首謀者は誰なのか。中国郵政だからといってそのまま中国系の組織だとしたらあまりにも迂闊すぎるだろう。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 277本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*