見出し画像

開けてはいけない水色のドア/西浦和也・裏話怪談

この世の裏側を垣間見るような、不意に出現する怪異たちの物語「裏話怪談」。今回の舞台は人の立ち入りが禁じられた地、禁足地。それは、ごく身近な場所で息を潜めていることもある。

文=西浦和也 イラストレーション=北原功士

画像1

西浦和也(にしうらわ)/自らの実体験から取材まで、膨大な不思議を集める怪談蒐集家。

水色のドア

 人が立ち入ってはならない場所を禁足地というが、そこにはさまざまないわれがある。神の領域、忌み地、悪しき歴史や、因縁のある土地などだ。しかし、それらのいわれが隠された場所が、ひっそりと存在していることもある。

 Bさんが通っていたのは、生徒のほとんどが一流大学へ進むという有名な女子高だったという。
「朝から夕方まで授業で、放課後は全員が学習塾で夜遅くまで勉強する校風でした」
 もちろんBさんもそのひとりで、毎日学校が終わると隣町の学習塾へ通うのが日常だったそうだ。そんなある日のこと。いつものように登校すると、学年主任の教師に校門の前で呼び止められた。
「おまえ、A組の岡田早智子を知らないか?」
 A組といえば、学年トップの生徒を集めたクラス。確かにたまに喋ることはあっても、それほど親しい間柄ではない。
「岡田さんは知ってますけど、どうかしたんですか?」
「数日前から家に帰ってないんだ。お前何か知らないか?」
 主任は彼女が何か知っているのではないかと詰め寄った。
「わ、私そんなに親しくないので……」
 そう彼女が答えると「思い出したら連絡するんだぞ」といい残して主任は立ち去っていった。

この続きをみるには

この続き: 1,523文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
3
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。