見出し画像

人がクルマが、まるごと消失! 異世界消滅事件ミステリー/南山宏

2019年12月30日、その日、走行中の自動車が断崖から転落、あろうことか跡形もなく姿を消していた‼ 本誌読者ならばおわかりだろう、これもまた、いわゆる異世界消滅事件のひとつである、と。こうした事件は数少ないながら、現在も起きている。

文=南山 宏

目の前で雲散霧消! 驚愕の自動車消滅事件

「カリフォルニア警察、昨年12月に断崖からジャンプして消えた車のドライバーの身元をようやく確認‼」
 2020年5月13日、アメリカの大手通信社APは、ミステリーじみた奇怪な自動車転落事件の顚末を、わずか数秒の短いながらショッキングな動画映像付きで、世界に一斉配信した。

画像1

画像2

画像3

画像4

断崖からジャンプして消えた車——対向車のドライブレコーダーが直前に映像に捉えた。

 それはまるで往時に人気を博したSFドラマ番組『トワイライトゾーン』(1960年代の日本放映時には『未知の世界』ついで『ミステリー・ゾーン』)の1エピソードを思わせるような、世にも不思議な事故——というより事件だった。

 その事件が起きたのは、2019年の暮れもいよいよ押し詰まった、12月30日、月曜日の午前10時38分ちょうど。時刻が分の単位まで正確なのは、たまたま通り合わせた対向車のドライブレコーダーが、偶然その断崖からジャンプするスポーツカーの瞬間的な映像をしっかり捉えていたからだ。
 事件の現場は、米カリフォルニア州サンマテオ郡のグレイホェールコーヴ・ステートビーチ付近を走るハイウェイ1号線沿いの、太平洋に面した高さ30メートル前後の断崖絶壁。これほどの高さから岩石だらけの海岸に突っ込んだのでは、車はもちろん運転者や同乗者(もしいたらの話だが)もとうてい無事ですむはずはない。

 たまたま車の断崖転落を目撃した対向車の運転者からの緊急通報を受けて、真っ先に現場に急行したのは、カリフォルニア州警察のハイウェイパトロール隊員たちだった。
 続いてサンマテオ郡保安官事務所の主任保安官と部下たち、次いで地元消防署の救急救命隊員たちが続々合流して、事故車の無残な残骸と運転者や同乗者の痛ましい遺骸をせめて一刻でも早く発見して遺族のもとへ届けようと、強い使命感に駆られながら懸命に捜索活動にあたった。

画像5

消滅した車は、陸海空にまたがる大捜索が行われたが……。

 しかし、ドライバーがハンドル操作を誤ったのか、あるいは何らかの理由で自殺行為を実行したのかは、現在に至るもまだ判然としない。また、断崖からジャンプして海岸の岩場に激突したはずの車の残骸もドライバーの遺骸も、墜落したはずの現場やその周辺からは、どういうわけか現在に至るまでいっさい発見されていないのだ。

女性と自動車は異空間へ呑み込まれた!?

 一方、対向車のドライバー(当人の強い要望で氏名は非公表)から警察当局に提供された当該ドライブレコーダー画像の分析結果から、転落車の車種はトヨタ製の高級車SUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)のレクサスRXで、車体の色はダークグリーンと確認された。
 加えてカリフォルニア州ハイウェイパトロール隊当局が、転落車を運転していたドライバーの身元を洗いだそうと、5か月間近く粘り強く捜査を続けた結果、被害者の家族友人から出されていた失踪者捜索願いに基づくDNA解析などの状況証拠から、この悲劇のSUVを運転していたのは、どうやらサンフランシスコ在住のミズ・シンクレア(ファーストネームと職業・年齢は非公表)という中年女性だったらしいとまでは、ようやく判明した。

〝らしいと判明〟とはいささか曖昧すぎる表現だが、それも無理はない。なぜなら対向車のドライブレコーダーが転落車の断崖ジャンプの光景を、偶然ながらはっきり映像に捉えていたにもかかわらず、事故翌日の12月31日から正式に開始され、正月返上で本年1月7日まで8日間にわたって実施された関係当局合同の大捜索は、上述したように結局、完全な空振りに終わったからだ。
 カリフォルニア州警察、同州消防隊、沿岸警備隊、さらには海軍の特殊作戦部隊ネービーシールズまでが出動して、転落現場付近を陸海空から捜索した。中でも海軍の潜水部隊はソナー探知機を駆使して海中と海底を念入りに捜し回ったものの、成果が上がらぬうちに天候が悪化しはじめたため、やむなく捜索を諦めて撤収した。
 結局、転落当時車内にいたはずの人間の遺骸はおろか、転落車そのものの残骸、いやそれどころか、その破片と思しき金属片のひとつすら、転落現場やその周辺一帯のどこからも発見されずに終わったのだ。
 対向車のドライブレコーダーにははっきり姿を残しながら、ミズ・シンクレアと彼女が運転するSUVは、まるで何らかの時空の歪み――SF的にいい換えれば、時空連続体の不可視のエアポケットにでも呑み込まれたかのように 、忽然と姿を消してしまった。

 ミズ・シンクレアと彼女の運転するスポーツカーは、まさに文字どおりに異世界へと消滅したまま、二度と再びこちらの世界には戻ってこなかったのだ。

日本でも起きたミステリアスな消滅事件

この続きをみるには

この続き: 7,593文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年9月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年9月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
9
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。