超常現象ツアーの霊的影響? 謎の聖書が屋根裏に”出現”した!/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

超常現象ツアーの霊的影響? 謎の聖書が屋根裏に”出現”した!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

超常現象ツアーのメンバー宅で、謎の聖書が”出現”した! ナチス・ドイツ兵とのかかわりがありそうな聖書の持ち主は? そしてなぜ”出現”したのか? 謎だらけの顛末を追う。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

見覚えのない聖書

 イギリス・スコットランドで、”まったく見覚えのない聖書が突如出現する”という“アポーツ現象”が発生した。ちなみにアポーツ現象とは、物体をテレポートさせる“取り寄せ”とも呼ばれる心霊現象、または超能力を指す。

 その謎の聖書は、数々の超常現象体験ツアーを開催している団体「The Scottish Ghost Company (TSGC)」代表のイボンヌ・ハイドさん自宅の屋根裏部屋で発見された。ハイドさんは以前に調査に訪れた廃墟でナチス・ドイツ兵の霊と交信しており、この聖書は”彼”のものだと主張している。
 第二次世界大戦を生きたナチス・ドイツ兵の霊は彼らにいったい何を伝えようとしているのだろうか。

 それは見るからに古そうな黒い表紙の新約聖書で、中には「1944年1月19日」という日付と「6桁の数字」、そして「ロバート・リテリック」という人物の名前が記されていた。他にも、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ軍の収容所の1つであった「スタラグ・ルフトⅣ」の押印もあったことから、イボンヌさんはこの聖書の持ち主を、スタルグ・ルフトⅣ収容所に関わっていた元ナチス・ドイツ兵ではないか、と推測している。

 発見されたのは2021年11月。発見当初は、今も英国在郷軍人会連盟に携わっているハイドさんの祖母に関係したものと思っていたそうだ。だが、祖母に聖書を確認してもらったところ、見覚えがなく、「ロバート・リテリック」という人物にも思い当たらないということだった。

 ハイドさんはこれまでも定期的に屋根裏部屋へ上がっていたことから、「以前からあったのなら当然気がついたはず。この家には24年住んでいますが、家族の誰1人としてこの聖書を見たことがない」と主張、絶対に自分たちのものではないと断言している。 

聖書の持ち主を捜索

この続きをみるには

この続き: 837文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。