「世界のピラミッドWonderland」ほか7選/ムー民のためのブックガイド
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「世界のピラミッドWonderland」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。

文=星野太朗


世界のピラミッドWonderland/河江肖剰・佐藤悦夫 他編著

従来の固定観念を打ち破る「新しいピラミッドのイメージ」に触れられる

「ピラミッド」といえば、だれもが思い起こすのが、いわゆる「ギザの大ピラミッド」であろう。だが本誌の読者なら先刻ご承知のとおり、ピラミッドは何もエジプトだけの専売特許ではない。アジアやメソアメリカ、ヨーロッパなど、人類の長い歴史を通じ、ピラミッドは世界中で、時空を越えて造営されてきたのだ。
 本書は、それら世界のピラミッドを、美しい写真の数々とイラスト、そして格調高い解説文によって紹介する、ピラミッド本の決定版である。
 分量的には、やはりエジプト編が半分を占めているが、テオティワカン編にもかなりの紙幅が充てられており、読み応えは十分。
 執筆に当たった6名の著者はいずれも、日本の歴史学・考古学界を代表する精鋭ばかりである。簡単に紹介しておくと、エジプト編担当の河江肖剰氏は、名古屋大学高等研究院准教授を務める、第一線の考古学者。
テオティワカン編の佐藤悦夫氏は、富山国際大学現代社会学部教授で、専門はメソアメリカ考古学。ヨーロッパ編のおふたり、佐藤昇氏と高橋亮介氏は、それぞれ神戸大学大学院と東京都立大学の准教授で、アジア編の下田一太氏は、筑波大学の准教授。そして「エジプト文字とメロエ文字」の宮川創氏は、関西大学東西学術研究所PDで、専門は歴史言語学他、多数。
 この陣容からも明らかなように、本書はまず、学問的な正確さに主眼が置かれている。何十年にも及ぶ地道な考古調査はいうにおよばず、ドローンを用いた3D計測調査や、宇宙線でピラミッドを透視するミューオングラフィ調査など、最新鋭の研究成果もあますところなく盛り込まれ、専門的な知識が無理なく学べる構成だ。
 本書によって読者は、従来の固定観念を打ち破る「新しいピラミッドのイメージ」に触れ、「ピラミッド建造に懸けた当時の人間の知恵や奮闘や切望」を感じ取ることができるだろう。まさにピラミッドに関する、正統派の教科書というべき決定版である。
 おそらく本誌の読者は、「教科書」的なものよりも、そこから逸脱したものを好む傾向にあると思われるが、逸脱を楽しむためには、まず何よりも、正統派を着実に踏まえることが必要なのだ。本書を推す所以である。


人間は宇宙船だ 次元を越えて隣の地球へ/松村 潔 著

人間は異なる宇宙に行くことができる!

開巻劈頭(かいかんへきとう)からいきなりシュールな小説(「序論としての物語」)が始まって度肝を抜かれるが、この程度で驚いているようでは、とうてい本書をたしなむことなどおぼつかない。
 その後に続く本編は、ノンフィクションでありながら、小説よりもさらにブッ飛んだ内容が万華鏡のように展開し、読むだけでトリップできそうな感覚に陥る。そもそも表題の「人間は宇宙船だ」にしてから、凡人の感覚ではまったく意味不明だが、これは比喩でも何でもなくて、まさに文字通りの意味なのである。
 というのも「自分の存在の重心となる振動が変ること」により「人間は異なる宇宙に行くことができる」からだ。というよりもむしろ「どこかに行きたい時には、そのサイズにまで拡大して、自分の腹の中に、その行きたい宇宙を取り込んでいくというようなイメージ」であるらしい。
 著者・松村潔氏は「西洋占星術、タロットカード、神秘主義哲学の研究における日本の第一人者」として、すでにお馴染みであろう。著者の「カバラ、グルジェフ、シュタイナーなどの思想も踏まえて構築された独特な宇宙論」は、本書においても文字通り宇宙的なスケールで繰り広げられている。
 著者によれば、「1日のうち、決まった時間を異次元に触れる時間にすれば」息苦しい生活にも不満はなくなる、という。では、どうすればいいのか。その最良の方法のひとつが、本書を精読することであろう。


日本怪異伝説事典/朝里 樹 監修 えいとえふ 著

「信憑性が疑わしい事項」も満載の事典

 以前、本欄でもご紹介した労作『日本現代怪異事典』『世界現代怪異事典』を世に放った俊英・朝里樹氏が監修を務める、待望の最新作が登場した。それが本書『日本怪異伝説事典』である。
 これまでのスタイルを踏襲しつつ、本書は「古代から近現代まで、日本各地を舞台に語られた不思議な伝説、出来事、スポット、存在を、〈怪異伝説〉として収集」したもので、その対象は「伝説・民話」「神話」「行事」「裏歴史」「遺跡・ミステリースポット」「妖怪・怪異譚」「UMA」「埋蔵金」と多岐にわたっている。さらには「現代では信憑性が疑わしい事項に関し
ても、語られた当時の資料的価値を考慮し、収集の対象とした」とのただし書きも添えられているが、本誌の読者にとってはむしろご褒美だろう。
 相変わらず凄まじいボリュームで、3段組み400ページ以上、項目数はざっと数えて800項目以上で、この価格。
1項目あたりわずか2.5円ほどだ。圧倒的なコストパフォーマンスで、空恐ろしくなる。
 その膨大な項目が、北海道から沖縄まで、都道府県別に整理され収録されている点が最大の特徴。自分の故郷の伝説を捜すもよし、旅行のお供として携えるもよし。さらには「弘法大師や源義経のように、全国各地に伝説が残る人たちの新たな魅力を見出す」もまたよし。愉しみ方は無限大で、資料価値も十分。万人の書架におすすめできる良書である。



巨石文明 超テクノロジーの謎/布施泰和・秋山眞人 著

巨石遺構の紹介と、遺構の真の意味を霊的に解説

 国際ジャーナリスト・布施泰和氏と、超能力者・秋山眞人氏の黄金コンビが放つ待望の最新作。毎回、あっと驚く多彩なテーマと斬新な切り口で、世界の謎を解明していくコンビだが、今回取り組んだのは何ともたぎる題材――古代の巨石文明だ。
 学生時代、スコットランドのオークニー諸島で巨石遺構〈リング・オヴ・ブロガー〉と遭遇して以来、「巨石探険家」の道を歩んできたという布施氏。その布施氏が主としてイギリス各地の巨石遺構を巡礼し、最新の科学や歴史学、考古学などの知見を踏まえて、各遺構を詳細に紹介。
さらにそれと類似する日本の巨石遺構も、その都度参照される。その後、秋山氏が独自の霊的観点から、遺構の真の意味を解き明かしていく、というのが基本的な構成である。
 布施氏の遺構レポートは紀行文としても超一級で、一読すればにわかに旅に出たくなる。そして秋山氏による遺構の解明では、思わず目から鱗が何枚も剥がれ落ちる、驚愕の叡智が惜しげもなく伝授される。まさにこんな本が読みたかったのだ! 
と思わず膝を打ったのも、一度や二度ではない。巨石の霊的な意味の解明が、そのまま読者を高度な秘儀参入へと誘う巧みな構成には舌を巻く。
 やはり秋山氏の著書の、情報の密度と深遠さは、他の凡百のオカルト本とは一線を画するものがある、という感慨を新たにした。本物の超能力者にしかなしえぬ凄味を、感じ取っていただきたい。


ユングの『アイオーン』を読む 時代精神と自セルフシルビア・ブラウンが視た世界の終わり 己の探究/エドワード・エディンジャー 著

ユングの大作『アイオーン』を読み解く、試みの1冊

 分析心理学の創始写C・G・ユングの畢生の大作『アイオーン』。同書においてユングの思考は「グノーシス思想、原始キリスト教に始まって、古代密儀祭祀、ヘルメス哲学、古代オリエント文明、古代エジプト宗教、中世神秘思想、占星術、錬金術、易経、果ては秘薬やクラゲの生物学的構造へと」駈け巡り、その内容は難解を極める。
 本書の著者をして「『アイオーン』は読者に多大な負担をかける凄まじい著作』といわしめるほどだが、「キリスト教時代の2000年の間の神イメージの変化」という主題と相まって「人間の知について、全く新しい部門、元型的な心の歴史学とでも呼べるような学問分野の基礎を築いた」歴史的にも重要な著作である。
 本書はその手強い論文に対して、パラグラフごとに「難解な参照文を説明し」「原典からの引用を拡張し議論して背景を補足」するなど、懇切丁寧に読み解いていこうとする試みである。とはいっても、本書はもともと、ロサンゼルスのC・G・ユング研究所において、専門家相手に行なわれた講義をまとめたものであるから、一般人にとってはまだ相当難解。だが、あえて峨々たる高峰に挑む者へのガイドの役割は、十分果たしてくれよう。
 さらに本誌読者にとって何よりのプレゼントは、あの鏡リュウジ氏が解説を担当していること。氏のユング愛が随所に炸裂するすばらしい解説だけでも、買い求める価値がある。


君もこの世に生まれ変わってきた 覚者・本山博が伝えた新しい生き方/宮崎貞行 著

正真正銘の超能力者・本山博の霊的な生きざまと軌跡

 現在の若い世代の本誌読者の中に、本山博の名をご存じの方がどれほどおられるのかは定かではないが、本山は間違いなく、日本が生んだ世界に屹立する霊的巨人のひとりである。
 著者によればその業績は「生理物理学上のノーベル賞級」といっても過言ではない、という。本書は、日本よりもむしろ欧米での名声高い、この偉人の業績と思想をあますところなく紹介する、待望の評伝である。
 本山博は「3つの顔を持っていた」と著者はいう。東京・吉祥寺にある玉光神社の神職であり、数々の発明発見を成し遂げた超心理学の科学者であり、世界宗教の樹立を呼びかける神学者でもあると。僭越ながら、ここに4つめの顔を付け加えるならば、彼はヨガを始めとする苛酷な霊的修行の結果、想像を絶する超常能力を獲得するに至った、正真正銘の超能力者でもあった。
 著者である宮﨑貞行氏は、自ら本山を師として、直接その薫陶を受けてきた人物である。まさに最良の書き手である著者の入魂の熱筆は、読者の世界観を根底から覆し、その生き方そのものまでも変えてしまう、霊的衝撃に満ち満ちている。
 これまで小泉太志命や松下松蔵、川面凡児といった、日本の知られざる霊的巨人を周知せしめる、数々の必読書を世に送り出してきた著者の業績は、もはや後世に残すべき日本の貴重な文化遺産といっても過言ではない。その宝庫に、今また新たな至宝が加わった。感無量である。


シルビア・ブラウンが視た世界の終わり/シルビア・ブラウン リンジー・ハリソン 著

コロナ禍をほぼ正確にいい当てている予言の書

 著者シルビア・ブラウンは「全米一の人気と実力を兼ね備えた霊能者」であり、「行方不明者の捜索や有名事件の捜査でFBIや警察など公的機関に協力し、多数の難事件を解決」。「超常現象の調査研究を通して、医師たちとの共同作業」にも取り組み、著書は40冊を越えるという。2013年、77歳で逝去。
 本書はそんな著者による、「予言」に関するアンソロジー。原書の発刊は2008年というから、例の「マヤの予言」で巷間騒然としていたころである。著者の出版意図は、まずは差し迫った2012年終末説を否定することにあった。そんなわけで本書は、そもそも「予言」とは何なのか、ということから、丁寧に解き明かしていく。
 1章から6章までは、古代の諸宗教やキリスト教、ユダヤ教、その他の宗教における終末予言、エドガー・ケイシーやノストラダムスなどの代表的な予言者、そして終末を説くカルト集団まで。さながら「予言の百科」といった趣である。
 著者自身の予言は7勝と8章で語られるが、何と言っても注目すべきは「2020年ごろには、重度の肺炎のような病気が世界中に蔓延し、肺や気管支を攻撃し、既知の治療法に抵抗するようになる」と、今日のコロナ禍をほぼ正確にいい当てていることである。では、これほどの予知力を持つ著者は、今後の人類の運命をどう視ていたのか。それはぜひ、本書を手に取ってご確認いただきたい。


(月刊ムー2021年4月号掲載)

★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。