首塚の改修で目覚めるのは怨霊か英霊か!? 平将門と消された北斗七星王朝の復活/古銀 剛
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

首塚の改修で目覚めるのは怨霊か英霊か!? 平将門と消された北斗七星王朝の復活/古銀 剛

令和3年4月、東京に新風が湧き起こった。平将門の霊が眠る東京・大手町の首塚の改修が完了したのだ。
コロナ禍の今、東京一、いや日本一のパワースポットがリニューアルされたことは、いったい何を意味するのか。しかも今回の改修にあたっては、ある「秘儀」が行われたという。将門が信奉した秘教と首塚の真実に迫る!!

文=古銀 剛 イラストレーション=久保田晃司

三上編集長による解説動画はこちら


序章 甦った東京の首塚

画像1

大規模な改修工事が行われて新しくなった東京・大手町の将門塚。
今年4月26日に竣工式典が行われ、一般人も参詣可能になった。

 高層ビルが林立する東京の大手町。皇居・大手門の東側に広がる、東京、いや日本のビジネス街のまぎれもない一大中心地である。
 このあたりは、江戸時代には大名屋敷が建ち並んでいた。明治時代から昭和戦前・戦中にかけては、大蔵省や内務省などの主要官庁の建物がそれに代わった。戦後は土地が民間に払い下げられ、三井生命、三井物産などの大手一流企業のビルが建ち並ぶようになり、今に至る。
 そんな変遷をよそに、この一等地の一角に、千古の昔から不動を保ってきた、とある〝スポット〟が盤踞(ばんきょ)している。一見するとビル街の小公園のように映るかもしれないその場所は、平安時代中期、朝廷に対して反乱を起こすも誅(ちゅう)された、平将門の首が埋められたと伝えられる地──すなわち、「将門塚(首塚)」である。

 将門塚は、近代、江戸時代はもちろん、さかのぼって江戸に徳川家康が入府する以前から、さらには、室町時代に太田道灌(おおたどうかん)によって最初の江戸城が築かれるよりもはるか以前から、この場所にしかと存在し、江戸と東京の歴史を見つめつづけていた。
 江戸の総鎮守(そうちんじゅ)といわれる神田明神(現在の正式名は神田神社)も、もとはといえばこの将門塚のすぐそばに鎮座し、首塚の鎮魂という役目を担っていたのである。
 大正時代の関東大震災時や昭和敗戦直後の混乱期には、消失の危機にさらされたこともあったが、首塚はその度に祀りなおされ、守られつづけてきた。

画像2

関東大震災直後の将門塚。右手の墳丘の上にみえるのは明治39年(1906)建立の保存碑。鳥居龍蔵『上代の東京と其その周囲』(1927年)より。

 それはなぜか。
 首塚に手を掛けようとすると、不思議と怪異事件が頻発し、それが将門の怨霊の祟によるものと信じられていたからである。
 たとえば、昭和の終戦後まもなくGHQは将軍塚がある一帯を整地してモータープールにしようとしたが、その工事中にブルドーザーが横転し、日本人の運転手が投げ出されて病院で死亡。他にも事故が続いた。たちまち将門の祟りが噂され、GHQはやむを得ず将軍塚の保存を認めたのだ。
 昭和30年代のモータープール撤収後、塚の東隣には日本長期信用銀行のビルが建てられた。ところが、塚に面した各階の部屋の行員が次々に発病したため、神田明神の神職が呼ばれて盛大なお祓いが行われた、という椿事(ちんじ)もあった。
 大都会の一等地ながら、将門塚が21世紀の現代になっても再開発をまぬかれ、無言ながら異様な存在感を示しているのは、このこと──将門霊の恐るべき祟り──が理由にほかならない。

大改修が行われた令和の将門塚

 その首塚に、近年、きわめて大きな変化が生じた。昨年(2020年)11月から、「史蹟将門塚保存会」の管理のもと、全面的な改修工事が行われたのである。
 予定通り、工事は今年4月に完了し、4月26日には竣工式典が行われ、リニューアルされた将門塚が姿をあらわした。
 敷地を囲っていた塀は取り払われてしまったが、代わりに木材を使った瀟洒な玉垣ができ、参道口は大きく広げられ、真新しい敷石や砂利が冴々と白く映える。そして以前と同じように敷地内の東側に基壇があり(これも新調された)、その上に、塚のメルクマールである将門の法号(ほうごう)「蓮阿弥陀仏(れんあみだぶつ」を刻した板碑と古い石灯籠がましましている。
 全体に開放感があり、高層ビル群のただなかにあっても、のびやかで清冽な気を参拝者に与えてくれる。
 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、かつて「朝敵」とののしられた将門の首塚が大改修を施され、再興されたことは、いったいどんな意義をもつのだろうか。しかもこの改修にあたっては、塚に対してある〝秘儀〟が行われたという。

──その秘儀とははたして何か?
 魔都・東京に君臨しつづける将門塚に秘められた驚愕の真実に迫る‼

この続きをみるには

この続き: 22,119文字 / 画像47枚
記事を購入する

首塚の改修で目覚めるのは怨霊か英霊か!? 平将門と消された北斗七星王朝の復活/古銀 剛

ムーPLUS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。