見出し画像

死や災いを吹き込む「魔風」伝承/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

春風が待ち望まれるこの季節、逆に望まれぬ災いをもたらす〝魔風〟の伝承を補遺々々いたしますーー
ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

 魔の風が吹く

  風はわたしたちにとって、あらゆる指針を得るための大切な現象のひとつです。天候を予測し、季節を感じ、それに応じて着る服を替え、仕事の計画を立てました。これを書いている今は3月の半ば、穏やかな春風が吹くのを多くの人たちが心待ちにしていることでしょう。

 ただ、人々に望まれぬ風というものも、当然ながらあります。悪いものを運び、凍てつかせ、時には大暴れをして家を破壊する風です。そういった人畜に悪い影響をあたえる風は自然に生まれるのではなく、霊が吹かせているのだとするいい伝えがあります。

 鹿児島県薩摩郡川内市に伝わる【魔風】をいくつかご紹介いたします。

 

 入来村というところにあったいい伝えです。
 八重山の山裾に、金五郎とお市という夫婦が住んでいました。

 ある日のこと。魚商人から一夜の宿を乞われ、夫婦はこれを快く受け入れます。しかし、この魚商人、お市の美貌に惚れ、ふたりは不義の仲となってしまいます。それどころか、ふたりは金五郎を消して夫婦になることを約束しあい、彼を殺し、その死骸を家の後ろの芋穴に埋めてしまうのです。

 奇妙なことが起こります。
 翌日、だれが置いたものか、金五郎を埋めた場所の上に花筒が置かれ、そこに新しい紫花(キキョウか)が供えられていました。お市と魚商人は怪訝に思い、ある夜、金五郎の死骸を掘りだし、今度は八重山の奥にある炭窯に埋めました。

 それらの行動を村のだれかに見られ、怪しまれていたのでしょうか。
 ついにふたりの悪事は露見し、お上に捕らえられてしまいます。

 昔、磔刑に処される人は、後ろ向きに馬に乗せられて運ばれました。ふたりもそのように刑場へと引っ立てられていきました。

 途中、中之原という場所を下るとき、お市は役人に、こう願いました。「この世の名残りに歌をひとつ歌わせてほしい」
 役人は彼女の心根を察し、歌うことを許してくれました。
 お市は黒髪をなびかせ、悪びれた様子も見せずに声を張り上げ、ひとくさり、ふたくさり、朗らかに歌います。その姿を見て寄り集まった村人は涙したといいます。

 出水の刑場に送られたお市は磔刑に処され、微笑を浮かべながら死にました。
 その後、お市が引かれて行き来した道を9月9日に通ると不思議な風に襲われ、死ぬ者が幾人もいたといい、この風を【お市風】と呼んで恐れられたということです。

  

彼女たちは風となった

この続きをみるには

この続き: 2,221文字 / 画像1枚
記事を購入する

死や災いを吹き込む「魔風」伝承/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!