見出し画像

エイリアン・ビッグ・キャットが朝の生放送に映りこんだ!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ブリテン島にいるはずがない大型のネコ科が、ふいに姿を現し、いずこかへと消える……。エイリアン・ビッグ・キャット(Alien Big Cat==ABC
)がまたも出現した! 

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

生中継に映りこんだ大型動物

 1960年代頃からイギリスで目撃報告が相次いでいるUMA「エイリアン・ビッグ・キャット(ABC)」。ビッグキャットの名の通り、大型のネコ科生物であり、その姿はヒョウやピューマに酷似しており、鋭い爪で家畜はもちろんのこと、時には人間をも襲うという。
 イギリスでは国内32の州すべての場所でABCの目撃事例や家畜の被害が報告されており、多い時で年間2000件以上もの報告が寄せられるそうだ。

 そして今回さらにTV番組の生放送でABCと思われる生物の姿が映り込み、視聴者から問い合わせが殺到するという事態が起きた。

 それは「グッドモーニングブリテン(Good Morning Britain)」という朝の人気情報番組で、イングランド・ハートフォードシャーにある「リックマンスワース・アクアドローム」という公園からの中継シーンだった。
 この公園はセーリングやカヌーなどが楽しめる地元では人気のスポットで、取材陣はボートに乗って楽しめるスポットを紹介していたという。そして最後に、朝日にきらめく湖上と白鳥の姿を映してコーナーが終了…したのだが、なんと画面には湖畔の茂みから現れた黒い大型生物の姿までとらえていたのだ。

 公開されている動画を見ると、その生物は地面の匂いを確認するかのように、鼻を下に向けてゆっくりと歩いており、近くにいる鴨と比較すると体長は1メートル程だろうか。肢体は太く筋肉がしっかりしているように見える。
 番組を見ていた視聴者は「あの動物は何?」と騒然、SNSでも「あれはビッグキャットでは?」という意見や「野生の黒いヒョウ」「オオカミ」といった投稿が相次いだのだ。
 この事態に番組では急遽、この生物の行方を追ったが、時すでに遅し。現場にはその痕跡さえも残されていなかったそうだ。

”エイリアン”はどこから来たのか?

 ABCの正体については「野生化したペット」という説や「動物園から逃げ出した野獣」、「オオヤマネコの生き残り」など諸説あるが、これだけの報告例があるにも関わらず、いまだその正体は不明である。
 イギリス国内には「英国ビッグキャット協会」「ウェールズビックキャット調査会」などの数多くの団体が存在しているが、ABCはヒョウの遺伝子を持つともいわれていることから、保護動物として調査している団体もあるようだ。

この続きをみるには

この続き: 539文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。