「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々
見出し画像

「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々

1990年前後、世間を騒然とさせまくった怪異、人面犬とはいかなる存在だったのか? いま一度、振り返ってみよう!
ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ!

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

人は人面を捜しつづける

 天井に浮かびあがる苦悶の表情の染み。しかめっつらの奇岩奇石。ジンメンカメムシ。火星の人面。アルバムの写真の中のシミュラクラ。
 私たちはあらゆるものから「人面」を見いだしてきました。
 この世にはどれだけ、人の顔に似たものが存在するのでしょうか。
 昭和7年刊行の『人面類似集』は、平家がに、蜘蛛、ある種の魚、クジラの耳骨、カボチャや竹など、微妙なものから、そうとしか見えないものまで、自然界に存在するありとあらゆる人面に似たものを集めた奇書です。人体に人の顔のようなものが浮き出る奇病「人面瘡」、人面牛身の怪動物「件(くだん)」といったショッキングな人面も載っています。

 こうした「人の顔をもつ、人でないもの」を見ても気持ちの良いものではありません。気味が悪い、不吉だという印象のほうが強いのではないでしょうか。そして人々はその人面の裏に、非業の死、悲恋の物語、怨霊譚を想像するのです。
 人の顔など毎日見ているのに、それが「人ではないもの」にくっついているというだけで、どうしてこうも不安にさせられるのでしょう。

人面界の星

 都市伝説・現代の怪異を語るうえで、欠くことのできない「人面」があります。
【人面犬】です。
 人の顔+犬――この簡素な組み合わせの妙。シンプルゆえに悍ましい姿です。「人面犬」の名も「人」と「犬」の間に「面」の文字があることで、人の相をもってしまったがために人と犬の境界で彷徨しているようではありませんか。
『微笑』『ポップティーン』といった大衆雑誌でとりあげられると、「私も見た」「友達が追いかけられた」「〇〇のあたりを歩いていた」といった何十件もの報告が、手紙や電話で編集部に毎日届くようになり、TBSのラジオ番組で目撃情報を募ると視聴者からとんでもない数の報告が寄せられました。
 人々の噂とメディアの中を駆け巡り、日本中がその存在を知ることとなった人面犬。ある時はハイウェイのドライバーたちを、ある時は湘南のサーファーたちを、ある時は学校の子供たちの関心を強くひきつけました。
 そして、かの口裂け女同様、気がつけば世間の関心からは遠い場所へといってしまいます。
 しかし、この「人面犬ブーム」の軌跡は当時の週刊誌や怪談・都市伝説関連の書籍に残されており、その分野の研究において、大いに活用されています。そのような貴重な記録の中でも、人面犬に特化した1冊をご紹介いたします。

画像1

 平成2年に勁文社から発行された『緊急レポート 人面犬を追え!』。
 川口浩探検隊ばりに緊迫感がほとばしる書名。表紙の中から人面の犬がこちらを睨んでおり、5か所も「人面犬」の文字が――これは間違いなく、人面犬専門書籍です。
 勁文社はオカルトを題材とした児童向けの大百科を世に多数送り出しておりますが、本書はその大百科シリーズの別冊。私が知る限り、人面犬のみで1冊にまとめられた本はこれだけです。この資料からは次のようなことがわかります。

 人面犬は、人の顔をもつ犬。
 目撃がもっとも多いのは高齢男性の顔をした柴犬に似た犬種。他には、高齢女性の顔、セントバーナードのような大型犬、剃り込みを入れたツッパリ、公園でいちゃつくカップルの人面犬、子供の人面犬なども少数ですが目撃されています。
 目撃者50人に「芸能人ではだれに似ていたか」とアンケートをとったところ、一番多かったのが、中曽根元首相。次は五木ひろし。他は、いかりや長介、横山やすし、タモリ、ビートたけし、竹村健一、山田邦子などがあがったそうです。
 また同書には、大槻ケンヂへのインタビューがあり、友人のカッチンが目撃したという「白い大きな犬の人面犬」について語っているのですが、ただの人面ではなく、顔の半分を占めるほど目が大きかったそうです。
 人面犬の目撃がもっとも多い場所は高速道路です。時速140~150キロで走り、スポーツカーも追い抜きます。追い抜きざまにニヤリと笑い、それを見て事故を起こす車が続出したため、県警が本気で人面犬の存在の有無を調べたことがあるとかないとか。
 跳躍力もなかなかで、6メートルは軽くジャンプし、ビルからビルへ、ムササビのように飛んでいたという報告もあります。かなり、運動能力は高いようです。
 高速道路以外では、公園や墓地、アーケード街の路地裏などでゴミを漁っているところを目撃されています。こちらから干渉しなければ基本無害で、声をかけると、「勝手だろ」「ほっといてくれよ」「なんだ、人間か」「うるせーんだよ」と人語で返してきます。走る車には強い競争心を抱くようですが、人間という存在に対しては無関心といいますか、関わり合いになるのも面倒といった様子がその態度からうかがい知れます。
 ただ、馬鹿にされたり、石を投げつけられたりすると激しく怒って襲ってくるようです。じっと見つめていたら気を失わされるとか、何百キロ離れていても原因不明の病気にされるといった報告もあります。野良犬で恐ろしいのは狂犬病ですが、人面犬に噛まれるとその怪我はだんだん腐っていき、手足を切断することになるのです。また、噛まれたことで体内に「人面犬菌」がまわり、噛まれた人は人面犬になってしまう……そんな怖い噂もあります。
 恨みを買うと相当厄介な相手になるようですね。

人面犬の正体は?

 人面犬は緑色のうんこをする。ギョーザをあげたら喜んだ。みかんが好物。多摩川をかなりのスピードで犬掻きで泳いでいた――などなどさまざまな目撃報告があるようですが、やはり一番知りたいことは、人面犬の正体です。
 いったい何者で、どういう理由で誕生した存在なのでしょうか。
 杉並区や中野区では、白衣姿の人物らが人面犬を追っていたという情報があります。人面犬は筑波大学で生まれた「実験動物」であるという噂があり、学園都市内での目撃も相次いでいたそうですから、追っている者たちは実験施設の研究員、ということでしょうか。
 その他、人面犬の正体について、『ポップティーン』の編集部に次のような情報が寄せられたそうです。

◇9年前に水死したサーファーの霊が成仏できず、飼っていた犬にのり移った。
◇不良の運転していたシャコタンの車に轢き殺された少女が、彼女の可愛がっていた犬に憑依して、自分を轢いた犯人を捜している。
◇ペットショップで中絶された犬の子供の霊が人間を憎んで現れたもの。
◇人面犬が北上しているのは、殺されたニホンオオカミの憑依霊が引き寄せている。
◇中国の山奥で捕獲された化け物【山𤟤(さんき)】を、業者が日本へ密輸しようとしたが九州で逃げだしてしまった。それが人面犬なのである。

*ブラウザによっては「さんき」の「き」が表記されないが、「けものへんに軍」の一字である。

 山𤟤(さんき)とは『山海経』に見られる、獄法山にいるとされる風の災害を起こす怪物神のことでしょう。

《その状は犬のごとくにして人面なり。善く投ぐ。人を見れば則ち笑う。その名は山𤟤。その行くや風のごとし。見るれば則ち天下に大風あり。(伊藤清司『中国の神獣・悪鬼たち』)》

 確かに人面犬です。漫画家の白川まり奈さんも「風の強い日に現れて笑う」、この山𤟤こそ、古代の人面犬だといっているそうです。

――古代の人面犬。
 現代の都市伝説としての人面犬以前にも、このような姿の存在は記録されているのでしょうか。

後編へ続きます。

参考資料
『緊急レポート 人面犬を追え!』
『人面類似集』
『ポップティーン』1990年3号

画像2


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。