ムーPLUS
「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々
見出し画像

「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

1990年前後、世間を騒然とさせまくった怪異、人面犬とはいかなる存在だったのか? いま一度、振り返ってみよう!
ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ!

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

人は人面を捜しつづける

 天井に浮かびあがる苦悶の表情の染み。しかめっつらの奇岩奇石。ジンメンカメムシ。火星の人面。アルバムの写真の中のシミュラクラ。
 私たちはあらゆるものから「人面」を見いだしてきました。
 この世にはどれだけ、人の顔に似たものが存在するのでしょうか。
 昭和7年刊行の『人面類似集』は、平家がに、蜘蛛、ある種の魚、クジラの耳骨、カボチャや竹など、微妙なものから、そうとしか見えないものまで、自然界に存在するありとあらゆる人面に似たものを集めた奇書です。人体に人の顔のようなものが浮き出る奇病「人面瘡」、人面牛身の怪動物「件(くだん)」といったショッキングな人面も載っています。

 こうした「人の顔をもつ、人でないもの」を見ても気持ちの良いものではありません。気味が悪い、不吉だという印象のほうが強いのではないでしょうか。そして人々はその人面の裏に、非業の死、悲恋の物語、怨霊譚を想像するのです。
 人の顔など毎日見ているのに、それが「人ではないもの」にくっついているというだけで、どうしてこうも不安にさせられるのでしょう。

人面界の星

 都市伝説・現代の怪異を語るうえで、欠くことのできない「人面」があります。
【人面犬】です。
 人の顔+犬――この簡素な組み合わせの妙。シンプルゆえに悍ましい姿です。「人面犬」の名も「人」と「犬」の間に「面」の文字があることで、人の相をもってしまったがために人と犬の境界で彷徨しているようではありませんか。
『微笑』『ポップティーン』といった大衆雑誌でとりあげられると、「私も見た」「友達が追いかけられた」「〇〇のあたりを歩いていた」といった何十件もの報告が、手紙や電話で編集部に毎日届くようになり、TBSのラジオ番組で目撃情報を募ると視聴者からとんでもない数の報告が寄せられました。
 人々の噂とメディアの中を駆け巡り、日本中がその存在を知ることとなった人面犬。ある時はハイウェイのドライバーたちを、ある時は湘南のサーファーたちを、ある時は学校の子供たちの関心を強くひきつけました。
 そして、かの口裂け女同様、気がつけば世間の関心からは遠い場所へといってしまいます。
 しかし、この「人面犬ブーム」の軌跡は当時の週刊誌や怪談・都市伝説関連の書籍に残されており、その分野の研究において、大いに活用されています。そのような貴重な記録の中でも、人面犬に特化した1冊をご紹介いたします。

画像1

 平成2年に勁文社から発行された『緊急レポート 人面犬を追え!』。
 川口浩探検隊ばりに緊迫感がほとばしる書名。表紙の中から人面の犬がこちらを睨んでおり、5か所も「人面犬」の文字が――これは間違いなく、人面犬専門書籍です。
 勁文社はオカルトを題材とした児童向けの大百科を世に多数送り出しておりますが、本書はその大百科シリーズの別冊。私が知る限り、人面犬のみで1冊にまとめられた本はこれだけです。この資料からは次のようなことがわかります。

この続きをみるには

この続き: 1,830文字 / 画像1枚
記事を購入する

「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。