地球平面説を信奉するフラットアーサーズたちの熱い視線/宇佐和通
見出し画像

地球平面説を信奉するフラットアーサーズたちの熱い視線/宇佐和通

地球は球体で太陽のまわりを公転している……。わけではない!? アメリカ樹陰議員選挙の候補者すら主張する「地球平面説」は、ガチなのかネタなのか。2021年におけるその本音を解説する。

文=宇佐和通

Qアノン信奉者にしてフラットアーサー

 本来ならば例年通りのきれいな形で2020年11月に決着していたはずのアメリカ大統領選挙。終わってみれば年明けどころか法的手続きの締め切りギリギリのタイミングでバイデン新大統領がホワイトハウス入りするという前代未聞の結末となった。
 史上最悪の泥仕合と形容されることが多かった大統領選挙と同時に、全米50州の上下院両院議員を決める連邦議会選挙も行われていた。アメリカ国内のメディアは主流派からインディ系まで、かつてなかったほどの集中力で連邦議会選挙の結果に注目していた。大統領選挙の開票状態、そして開票後十分にありえるシナリオのひとつである裁判の行方によっては、上院の勢力図がそのまま新大統領決定の最終的な要因になる可能性もあったからだ。

 そんな連邦議会選挙の候補に、予備選の段階からひときわ注目を集める女性がいた。デラウェア州の共和党上院議員候補ローレン・ウィツキーだ。選挙戦序盤からトランプ大統領への熱烈な支持を表明し、Qアノン信奉者であることを前面に押し出していた。 
 そして彼女には、もう一つの顔があった。フラットアーサー=地球平面説支持者であることを公言していたのだ。1988年生まれでゴリゴリのトランプ支持派、Qアノン信奉者で、しかも地球平面説支持者。かなりカラフルなプロフィールだ。最終的に民主党候補に負けて議席獲得には至らなかったが、2020年のアメリカ社会で地球平面説という考え方がいまだに根強く残っており、それを信じていることを公の場で明らかにする女性候補が上院議員選挙で善戦したことにより、時として陰謀論にカテゴライズされることもある考え方に改めてスポットライトが当たることになった。

 プロフィールだけを見れば、ウィツキー候補はかなりのトンデモ寄りに感じられる。だからこそと言うのが正しいだろうか。Qアノンを含むトランプ支持層との親和性はかなり高かった。2020年ならではのこうした背景があって、ファーストステートというニックネームで呼ばれる伝統あるデラウェア州の共和党上院議員候補となることができたのだろう。

 理不尽な現職大統領にかろうじて競り勝った新大統領が就任した現代のアメリカでは、はちゃめちゃで理不尽な考え方を受け容れる土壌があり、はちゃめちゃで理不尽な自分をさらけ出すことが許され、時としてはそういう姿勢がポジティブに映るので、政治の世界では支持される資質の理由のひとつとなりえる。今ならではの時代精神をわかりやすい形で体現しているのが、この原稿で詳しく見ていく「地球平面説」なのかもしれない。

「地球球体説」のほうが陰謀である

 地球平面説とは、文字通り地球全体が広大な平面であるとする考え方だ。この説を信じて疑わない人たちは「フラットアーサー・ソサエティ」という組織を通して“布教活動”を行っている。

 そんなきわめて特殊な思想が今になって再浮上している理由は何か。
 地球平面説の出発点は、あっけないほどシンプルだ。自分の生活圏にある地球の一部はすべて平らに見え、平らに感じられる。だから、自分たちの“皮膚感覚”に反する要素はすべて排除して考える。NASAが撮影した球形の地球の写真は偽物だ。地球が球体であるわけはないし、そこには数多くの政府機関が主導する“球形地球陰謀論”が介在しているに違いない。

 フラットアーサーのあり方、そして主張をざっくりまとめると以下のようになる。

この続きをみるには

この続き: 4,784文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。