新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本人の中のネアンデルタール人DNA! 免疫力と遺伝子の意外な事実/権藤正勝

いまだ収拾の気配がない新型コロナウイルスの感染。だが、なぜか日本人は世界でも最小クラスの被害ですんでいる。その理由は驚くべきことに、ネアンデルタール人との混血にあった!?

文=権藤正勝

日本人のルーツ

 2020年の2月下旬、筆者の下に編集部から一通のメールが届いた。内容は、「日本人がもっともネアンデルタール人に近い、世界最古の民族だというのは本当だろうか」というものだった。
 筆者は古人類学に興味があり、それについては常々調べてはいるが、初めて耳にする内容だった。
 すぐに調査に取りかかると、とあるブログとその記事のもとになったと思
われる論文に突き当たった。論文は、2016年1月に、「The American Journal of Human Genetics」(AJHG)に発表されたもので、現生人類に残された、ネアンデルタール人やデニソワ人由来の免疫にかかわる遺伝子に関する研究だった。

画像1

2016年1月に発表された「The American Journal of Human Genetics」の論文。これが噂のもとになったと思われる。

 もちろんそこには、日本人がネアンデルタール人にもっとも近いということなど書かれてはいなかったし、そのような結論を導きだすこともできない内容だった。そのため筆者は編集部に、この噂はガセ(偽)であると伝え、調査は終了した。

 それから数か月がすぎ、世の中の報道は新型コロナウイルス一辺倒となっていった。筆者はBS-TBSの「諸説あり」という番組を見ていた。日本人の起源に関するもので、大変興味深い内容だったが、番組終盤に例の「日本人がネアンデルタール人に一番近い」という話が紹介されたのだ。
 テレビで紹介される以上、まったくのガセとは考えにくい。もしかすると自分は、とんでもない勘違いをしていたのではないか?
 そう思った筆者は大慌てで、再度、このトピックの調査を始めた。だが、どんなに調査しても行きつく先は、同じ論文だった。
 ただ、論文を精査した結果、このような噂が出てきた理由が、ある程度わかってきた。そして、新型コロナの報道を横目に、とんでもない事実が浮かんできたのだ。

画像2

ネアンデルタール人の想像イラスト。最近の研究では、現生人類とは80万年も前に枝分かれしたとされている。

なぜ日本は感染爆発を免れているのか?

この続きをみるには

この続き: 6,297文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。