「古代の宇宙人」ジョルジョ・ツォカロス氏インタビュー! 異説が定説になる時代へのメッセージ/宇佐和通
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「古代の宇宙人」ジョルジョ・ツォカロス氏インタビュー! 異説が定説になる時代へのメッセージ/宇佐和通

ヒストリーチャンネルの人気番組「古代の宇宙人」が、待望の新シーズン放送を開始する! オンエアを記念して、番組ホストのジョルジョ・ツォカロス氏にリモートインタビュー。新シーズンの展望と、UAPレポート、日本への思いを語ってもらった。

文=宇佐和通

「古代の宇宙人」シーズン12放送へ!

 ヒストリーャンネルの大人気コンテンツ「古代の宇宙人」。シーズン12の日本公開、エピソード1のオンエアが7月16日に迫ったタイミングで、番組のプロデューサー兼ホストとして活躍するジョルジオ・ツォカロス氏にインタビューする機会を与えられた。

【MAIN】古代の宇宙人 S12©2021 A&E Television Networks. All rights reserved.

ジョルジョ・ツォカロス氏。「古代の宇宙人」シリーズで、世界中のミステリースポットを調査している。©2021 A&E Television Networks. All rights reserved.
待望の「古代の宇宙人」新シーズン上陸 ウィリアム・シャトナーと夢の共演2時間特番は必見!
古代の宇宙人 シーズン12
7月16日(金)15:00 スタート(月)~(金)15:00、22:00、25:00 他

W・シャトナーと「古代宇宙飛行士説」

 まずは、新シーズンのスタートとして特別感が高まるエピソード1について尋ねてみた。こちらも人気が高い「W・シャトナーの世界の怪奇現象」のホスト、ウィリアム・シャトナー氏との対談形式というフォーマットで進行する2時間特番だ。

「シャトナー氏との対談は、『古代の宇宙人』シリーズ10年分を振り返るものという見方もできるかもしれません。古代宇宙飛行士説の外側にいる人、すなわちシャトナー氏に番組のコンセプトを伝える場になりました。
 シリーズのテーマが一般受けするものではないことはわかっています。私たちの仮説は基本的に大胆なので、主流派という言葉で形容される人たちには受け入れがたいかもしれません。2時間の対談で、シャトナー氏がわれわれにどんな疑問を投げかけたのか、そして古代宇宙飛行士説に納得したのか? それは皆さんがご自分の目で確かめていただきたいと思います」

【EP MAIN】古代の宇宙人 S12©2021 A&E Television Networks. All rights reserved.

「古代の宇宙人」シーズン12のエピソード1で、ツォカロス氏はウィリアム・シャトナー氏と古代宇宙飛行士説について語りあった。©2021 A&E Television Networks. All rights reserved.

火星探査の新展開

 世界各国の宇宙開発が盛んになる中、中国が自国有人宇宙ステーションの運用に着手した。各国による探査機を使った複数のプロジェクトも同時進行している。たとえば火星探査においては、どんなものが発見されると考えているのだろうか。

「人間は、年齢を重ねるごとに知識を蓄積していきます。1996年、クリントン大統領が『火星に生命体を発見した可能性がある』という旨の発表を行いました。ALH84001という火星の隕石からバクテリアの化石が見つかったからです。ただ当時、それほど大きな話題にはなりませんでした。
 これからの火星探査で生命体が存在した証拠が見つかるでしょう。『古代の宇宙人』で何度もテーマにしていますが、過去の火星が地球のような惑星であったと唱える専門家もいます。
 私は、太古の火星に文明が存在していて、理由は何であれ、それが消滅したと考えています。古代火星民族は、生き残りをかけてどこかの星に逃げる必要がありました。そして、避難先が地球だったらどうだろうと考えるようになりました。火星民族は、地球を新しい住処として選んだのです。もちろん、古代の宇宙飛行士説は地球生物の起源を火星に限定しているわけではありません。ただ、大昔の火星に生命体が存在していた可能性は否めず、遅かれ早かれ、事実をはっきりさせるための確実な物証を手に入れる日が来ると思っています」

米国議会UAPレポートについて

 そして、この日最大の質問をぶつけてみた。この記事が掲載される頃には内容が明らかになっているだろうが、インタビューの4日後に迫っていた国防省のUAP報告書についてどう思っているのか?

「ワクワクしますね。心待ちにしています。ここ2~3週間、これまでの経緯をたどる報道が国内外で続いています。さまざまな資料が出ていますが、それと同時に、アメリカ政府も国防総省も地球外生命体とUAPのつながりを拒否するようなスタンスを取り続けています。中国やロシアがアメリカよりも優れた科学技術力を有していることを認めたのか、あるいは、世界にパニックが起きないような言い方しかできないのか。
 私は、何が発表されるにせよパニックは起きないと思っています。パニックが起きるなら、すでにそうなっているはずです。われわれの準備はもう整っているのです。発表を淡々と受け容れるでしょう。
 私やエーリッヒ・フォン・デニケンは、過去50年間変人扱いされ続けてきました。そして最近、アメリカ政府がUFOについての調査を行っている事実を突然認めました。本当に変なのは誰でしょうか? 政府が認めないからといって、何かが存在しないという理由にはなりません。今回の報告書は、より大きなスケールで事実が明らかにされるきっかけになると思います」

【SUB2】古代の宇宙人 S12©2021 A&E Television Networks. All rights reserved..

ジョルジョ・ツォカロス氏の予想通り、UAPレポートでパニックは起きず、世界は淡々と”UFOを受け入れた”といえる。©2021 A&E Television Networks. All rights reserved.

日本エピソードへの期待

「古代の宇宙人」シリーズのクルーは、2017年に来日してロケを行い、「ムー」の三上編集長を案内人としたエピソード(シーズン10、第129話)を製作している。ただ今は、想像に難くはないが、番組ロケはコロナ禍の影響をかなり受けているようだ。

「シーズンを通しての流れを考える企画会議に、決まって日本の案が出ます。日本という国は、世界レベルでの古代神話を考えた時にとても重要な位置を占めていると思います。何千年にもわたる天界の系譜を継ぐ国です。伊勢神宮には天界の聖なる鏡があるそうですね。古代宇宙飛行士説とも切っても切れない関係にあると言えるでしょう。状況が良くなったら、必ず取材をしに戻ります」

 今から楽しみになってしまうのは、決して筆者だけではないはずだ。

画像4

2017年に来日したツォカロス氏。橿原市白橿町の益田岩船(写真)、明日香村の石舞台古墳、そして高砂市・生石神社の石の宝殿を取材した。「古代の宇宙人」シーズン10に収録されているこのエピソードには「ムー」三上編集長が案内役として出演している。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。