UAP追跡ステーションがフロリダに建設中! 米軍が強化するUFO対策基地の最前線/遠野そら・MYSTERY PRESS
見出し画像

UAP追跡ステーションがフロリダに建設中! 米軍が強化するUFO対策基地の最前線/遠野そら・MYSTERY PRESS

UAP・UFOの存在を認め、タスクフォースを組織したアメリカ軍。フロリダに”未確認航空現象”UAPを追跡調査するステーションが新設される。このステーションの役目とは?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

UAP追跡基地の図面が公開された!

 2020年、米国防総省(ペンタゴン)が、UAPと総称して空に“何か”があることを公式に認め、「未確認航空現象タスクフォース(UAPTF)」を設置、本格的な調査に乗り出したことは記憶に新しい。(関連記事
 国家安全保障の脅威となり得る未確認空中現象(UAP)の調査が主なミッションとされているこの組織だが、もしかしたらその探査拠点はフロリダ州にあるのだろうか?
 というのも、まるでUAPTFに呼応するかのようにフロリダ州にある米軍基地では今続々と、UAP調査に関連する施設が新設予定だというのだ。

 2021年6月、建築局に勤務する男性が、米フロリダ州マクディール空軍基地に新設予定のテレメトリーサイト(情報収集基地)に関する資料を公開した。それはレーダードーム付きタワーや高架監視塔などの設計図面で、これらはなんとUAPのための追跡調査ステーションだという。

 図面を公開したのは、米フロリダ州パスコ群建築局・計画審査官であり7年もの間スーパーバイザーとして従事しているジェフ・ブラスク氏である。ブラスク氏はフロリダ州の建築に則り、新築住宅や病院の新設など、ありとあらゆる建物の建築計画を審査する立場の人物。本来であれば連邦政府が所有する土地の建築物は許認可要件を免除されているのだが、マクディール空軍基地は借用地であるため、ブラスク氏が基地内の建築計画を審査することになったという。

この続きをみるには

この続き: 1,139文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。