スティーブン・ミシャラクが遭遇したファルコン湖UFO事件の現在/遠野そら・MYSTERYPRESS
見出し画像

スティーブン・ミシャラクが遭遇したファルコン湖UFO事件の現在/遠野そら・MYSTERYPRESS

UFOに遭遇し、重傷を負った男、スティーブン・ミシャラク。1967年の発生以来、その真偽については世界中のUFO研究者が議論してきた。現在、現地カナダでは記念コインが作られ、事件資料が大切に保管されている。いまだ解明されないUFO事件の現在を追う。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

ファルコンレイク事件ーースティーブン・ミシャラクの悲劇

 UFO目撃情報が絶えないカナダで、近年毎年のようにUFO記念硬貨が発売されているのをご存じだろうか。2018年に発売された記念すべき第1回目のUFO記念硬貨は、カナダ史上最も悲惨なUFO遭遇事件といわれる「ファルコン・レイク事件」をモチーフにしたものであった。

画像1

ファルコン・レイク事件を題材とした記念硬貨。

 UFOに遭遇したことで、その後の人生が大きく変わってしまうことがあるが、1967年に起きた「ファルコン・レイク事件」もその1つだろう。事件の当事者となったスティーブン・ミシャラク(Stefan Michalak)氏は、UFO懐疑派から様々な誹謗中傷を受け「何も言うべきではなかった…」と、後悔の言葉を残しこの世を去ったといわれているが、約55年の時を経て、再びこの事件に注目が集まっているのだ。

「ファルコン・レイク事件」とは、1967年5月20日。カナダ・マニトバ州のファルコン湖周辺で石英や銀の探索をしていたスティーブン・ミシャラク氏が、円盤型のUFOに遭遇した事件である。至近距離で機体の様子を伺っていたミシャラク氏は、突如離陸活動を始めたUFOが噴出した熱風をまともにくらい、火傷などの外傷の他、吐き気や頭痛、食欲不振、急激な体重減少という症状に約6ヶ月もの間苦しむこととなった。
 熱風をもろに浴びたミシャラク氏の腹部には奇妙な格子状の火傷が現れ、さらには吐き気や失神などの症状から体重が1週間で10キロも減少。様々な専門医の診察を受けたが、それでも病気の原因は分からないままだった。
 カナダ当局は、ミシャラク氏の衣服や、UFOが着陸した地点周辺から検出された高濃度の放射能を手がかりに、様々な方面から徹底的に調査を行ったが、やはり原因を特定することはできず、結果“説明が付かない未解決事件”として記録されることになったのだ。

画像2

UFOとの遭遇で負傷したミシャラク氏。

遭遇時の資料は地元大学で保存されている

 現在は、地元UFO研究家の積極的な活動によって再びこの「ファルコン・レイク事件」に注目が集まっており、ミシャラク氏が書き残した資料や、事件当時着用していた衣服などが地元マニトバ大学にて保管・展示されている。2020年はこれらの資料のデータ化に関わる寄付をクラウドファンディングで募ったところ、60人の支援者が現れ、28.300カナダドル(約260万)の資金調達に成功したというから、その注目度が分かるだろう。

 生前は「でっち上げ」「目立ちたがり屋」など様々な中傷を受けていたミシャラク氏 だが、UFOに触れた時にはめていたグローブや焼け焦げた衣服などの物証の他、彼を襲った後遺症などから、今では信憑性の高いUFO事件の1つになっている。

 奇しくもファルコン・レイク事件が起きる2ヶ月前の1967年3月にはアメリカ・モンタナ州にある米空軍基地上空にUFOが出現し、核弾頭を搭載した弾道ミサイルのシステムが一時機能停止状態なっていたことを元米軍大佐らが公表したばかりだ。
 1999年に亡くなったミシャラク氏は、現在の状況をどのように思っているだろうか。今後ますます、この伝説的なUFO事件に注目が集まるかもしれない。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。